桜緋紗子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 桜緋紗子の意味・解説 

桜緋紗子

以下の映画が緋紗子と関連しています。
独立映画センター
 
東宝


桜緋紗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/30 05:09 UTC 版)

桜 緋紗子(さくら ひさこ、1914年3月15日 - 2002年3月20日)は、日本の女優、元宝塚少女歌劇団娘役スター。宝塚退団後、新派を経て引退。その後仏門に入り小笠原日凰(おがさわら にちおう)と名乗る尼僧となった。戦前の表記は櫻緋紗子






「桜緋紗子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桜緋紗子」の関連用語

桜緋紗子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



桜緋紗子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桜緋紗子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS