陽月華とは?

陽月華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 19:45 UTC 版)

陽月 華(ひづき はな、1980年[1][2]9月2日[1][3] - )は、日本女優[4]。元宝塚歌劇団宙組トップ娘役[1][4][5]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n “下町のプリンセス陽月華/気になリスト”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2012年12月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121227-1064824.html 2020年11月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g 女優 陽月華さん 「あの時、母と手をつないでおいてよかった」”. 東京新聞. 東京すくすく (2018年11月25日). 2020年11月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 集大成/大和悠河、陽月華”. nikkansports.com. プレシャス! 宝塚. 日刊スポーツ新聞社 (2009年4月20日). 2020年11月22日閲覧。
  4. ^ a b c d “女優・陽月華、契約満了でスペースクラフト退社 SNS新設し報告「心より感謝申し上げます」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年10月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2173578/full/ 2020年11月22日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “陽月華、吉田羊に似ていると言われ「宝塚時代なら“私は私だ”って言っていたかも」”. 週刊女性PRIME (主婦と生活社). (2016年12月6日). https://www.jprime.jp/articles/-/8678 2020年11月22日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x フェアリーインタビュー|宙組 陽月 華”. ウィズたからづか. あさひ高速印刷株式会社 (2007年8月). 2020年11月22日閲覧。
  7. ^ 『宝塚おとめ 2009年度版』 阪急コミュニケーションズ、2009年、136頁。ISBN 978-4-484-09505-9
  8. ^ 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ2014年4月1日、112頁。ISBN 9784484146010
  9. ^ a b c d e The name of タカラジェンヌ 星組 陽月華:“本名候補”だった華子”. ENAK SUMiRE STYLE. 産経新聞社 (2003年7月7日). 2020年11月22日閲覧。
  10. ^ “陽月華 けいこ中にけがで休演”. ENAK (産経新聞社). (2008年1月30日). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2008/jan/kiji/30sumireUme.html 2020年11月22日閲覧。 
  11. ^ “陽月華 7月の梅田芸術劇場公演も休演”. ENAK (産経新聞社). (2008年3月31日). http://www.sankei.co.jp/enak/sumirestyle/2008/mar/kiji/31sumireUme.html 2020年11月22日閲覧。 
  12. ^ 『斬られの仙太』出演者・伊達暁×陽月華×木下政治座談会!〜俳優にとって劇団とはどんな場所なのか?〜 メディアスパイス。
  13. ^ よるドラ「ここは今から倫理です。」メインビジュアル公開&生徒役キャスト発表”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年12月15日). 2021年1月26日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陽月華」の関連用語

陽月華のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



陽月華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陽月華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS