城妃美伶とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 城妃美伶の意味・解説 

城妃美伶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/27 13:51 UTC 版)

城妃 美伶(しろき みれい、6月12日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。




  1. ^ a b c d e 『宝塚おとめ 2017年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2017年、34頁。ISBN 978-4-86649-004-5
  2. ^ a b 『NEW GENERATIONⅢ』 阪急コミュニケーションズ、2013年、59頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  3. ^ ウィズたからづか 2015年11月号フェアリーインタビューより。
  4. ^ a b 『To The Future/宝塚グラフ2013年7月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、109頁。
  5. ^ 桜咲彩花の休演により、11/27~12/10は代役で紫の上役を演じる。雲井の雁役は春妃うららと音くり寿が務めた。


「城妃美伶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「城妃美伶」の関連用語

城妃美伶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



城妃美伶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの城妃美伶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS