城妃美伶とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 城妃美伶の意味・解説 

城妃美伶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/23 17:21 UTC 版)

城妃 美伶(しろき みれい、6月12日[1] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団花組星組の娘役スター。




  1. ^ a b c d e f g h Profile城妃美伶オフィシャルサイト
  2. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、27頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 磨き抜いたヒロイン力を持つ花組・城妃美伶の魅力と今後トレタメ
  4. ^ a b c d e f g h i j k ウィズたからづか 2015年11月号フェアリーインタビュー
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「短波長波」『歌劇2019年11月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、77頁
  6. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作りスポニチ
  7. ^ a b 綺城ひか理「明日海さん助言いただき…花組の魅力、もがいて表現」、同期の城妃美伶も笑顔 新公『金色の砂漠』産経WEST
  8. ^ a b 入団4年目の聖乃あすかが初主演「透明感を出したい、と普段のお化粧よりベースを作ることから意識」スポニチ
  9. ^ a b 宝塚歌劇花組『花より男子』柚香光、城妃美伶 囲み取材エンタメターミナル
  10. ^ a b 宝塚花組「花より男子」開幕、柚香光が道明寺司に「なんてかわいいやつなんだ」ステージナタリー
  11. ^ a b c 宝塚花組 芽吹幸奈、城妃美伶らの退団を発表デイリースポーツ
  12. ^ a b 『NEW GENERATIONⅢ』 阪急コミュニケーションズ、2013年、59頁。ISBN 978-4-484-13514-4
  13. ^ 『To The Future/宝塚グラフ2013年7月号』 阪急コミュニケーションズ、2013年、109頁。
  14. ^ 桜咲彩花の休演により、11/27~12/10は代役で紫の上を演じる。雲井の雁は春妃うららと音くり寿が務めた。
  15. ^ 黒羽麻璃央が志々雄真実、松下優也が四乃森蒼紫など出演者の配役をライブ配信で発表 ミュージカル『るろうに剣心 京都編』メディアスパイス




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「城妃美伶」の関連用語

城妃美伶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



城妃美伶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの城妃美伶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS