音くり寿とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 音くり寿の意味・解説 

音くり寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 21:42 UTC 版)

音 くり寿(おと くりす、12月18日[1] - )は、宝塚歌劇団花組に所属する娘役。


出典

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2021年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2021年、28頁。ISBN 978-4-86649-158-5
  2. ^ a b c d e 『To The Future/宝塚GRAPH 2016年2月号』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、110頁。
  3. ^ a b “宝塚100期生の配属決定 3月に初舞台”. 日刊スポーツ. (2015年2月17日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20150217-1435755.html 2019年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b 優波慧、綺城ひか理 花組新公で初主演 魅せた丁寧な役作り スポニチAnnex。
  5. ^ a b 優波慧と綺城ひか理が花組新人公演で前後半のW主演”. 日刊スポーツ. 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b c 宝塚花組新人公演 珍しい役替わり上演 デイリースポーツ。
  7. ^ a b 橘涼香 (2017年3月19日). “宝塚歌劇が特撮ヒーローものに挑んだ芹香斗亜東京初主演作品!宝塚花組公演『MY HERO』”. 宝塚ジャーナル. http://takarazuka-j.blog.jp/archives/1878329.html 2019年10月23日閲覧。 
  8. ^ a b 宝塚専科・凪七瑠海主演「蘭陵王」開幕 上演前の東儀氏生演奏に「感動で鳥肌」 デイリースポーツ。
  9. ^ a b 宝塚凪七瑠海、美しすぎる武将役で専科異動後初主演 日刊スポーツ。

注釈

  1. ^ 桜咲彩花休演による配役変更で、12/1〜10は城妃美伶の代役として雲井の雁役を演じた。
  2. ^ 宝塚大劇場は2幕、東京宝塚劇場は1幕のみ。
  3. ^ 6/26のみ特別出演。


「音くり寿」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音くり寿」の関連用語

音くり寿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音くり寿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの音くり寿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS