チロリン村とくるみの木とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > 日本のテレビ番組 > チロリン村とくるみの木の意味・解説 

チロリン村とくるみの木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/12 06:57 UTC 版)

チロリン村とくるみの木(チロリンむらとくるみのき)は、1956年4月14日から1964年4月3日までNHKテレビ → NHK総合テレビで放送されていた人形劇である。全812回(未放送1回を含む)。1963年4月1日放送分(第558回)からカラー放送を実施。


  1. ^ a b c 人形劇編:伊東万里子さん(劇団 貝の火) - NHKアーカイブス
  2. ^ 『紅孔雀』10話分、人形劇の神様から! - NHKアーカイブス・2016年4月1日
  3. ^ 後任が決定するまでは「病気で喋れない」と言う設定でマスクを着けた状態で登場していた。
  4. ^ 臨時ニュース「日米貿易経済委員会 大平ラスク共同記者会見」で放送休止。最終回直前のため、話数調整できず未放送。
  5. ^ このフィルムは、作者である恒松恭助が、収録に立ち会っていたスタジオに行く際、同行していた恒松の子息(当時大学生であった)によって撮影されていたもの。恒松家に保存されていた第1回から最終回までの台本とともにNHKに寄贈された(2014年2月23日放映『NHKアーカイブス〜“チロリン村とくるみの木”から50年』より)。


「チロリン村とくるみの木」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チロリン村とくるみの木」の関連用語

チロリン村とくるみの木のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



チロリン村とくるみの木のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチロリン村とくるみの木 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS