奇巌城とは? わかりやすく解説

奇巌城

作者モーリス・ルブラン

収載図書アルセーヌ・ルパン
出版社講談社
刊行年月1987.6


奇巌城

作者池内紀

収載図書少年探検隊
出版社平凡社
刊行年月1992.6


奇巌城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/07 08:59 UTC 版)

奇巌城(きがんじょう、「奇岩城」とも、原題:L'Aiguille creuse)は、モーリス・ルブランアルセーヌ・ルパンシリーズの一篇。1909年発表。


  1. ^ ガストン・ルルーの『黄色い部屋の秘密』などに登場する青年探偵ルールタビーユの作風の模倣であるといわれている。古い邦訳本では年少読者向けに「イシドル・トルレ」と簡略化されている。
  2. ^ Derouard, Jacques. Maurice Leblanc –Arsène Lupin malgré lui–. Séguier, 1983, p.546。なお同書脚注には、Léopold Marchandは劇作家で、シドニー=ガブリエル・コレットと共に、彼女の『さすらいの女』や『シェリー』の脚色もしているとある。


「奇巌城」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

奇巌城のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奇巌城のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奇巌城 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS