瞳とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 部分 > の意味・解説 

どう【瞳】

常用漢字] [音]ドウ(慣) [訓]ひとみ

ひとみ。「瞳孔瞳子


ひとみ【瞳/×眸】

目の虹彩、あるいは虹彩瞳孔(どうこう)のこと。黒目。「青い―」「つぶらな―」

瞳孔。どう。「目薬で―を広げる」「入射―」

比喩的に、目。また、視線。「―を閉じる」「―を凝らす」「まっすぐな―」

[補説] 「瞳を輝かせる」というときは、文脈により1または3の意。「―を覗き込む」「―の奥」「―に映る」「澄んだ―」なども同様。


ひとみ

平成28年20162月打ち上げられたX線天文衛星ASTRO-H(アストロエッチ)の愛称JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)が中心となり、すざくの後継として開発従来より10倍以上の精度X線光子エネルギー測定するマイクロカロリーメーター、広視野高感度軟X線検出器世界初めて硬X線領域集光撮像を行うX線望遠鏡、および新技術採用したガンマ線検出器搭載銀河団をとりまく高温ガス挙動や、銀河中心巨大ブラックホールなどの観測を行う予定だったが、平成28年20164月、異常回転を伴う分解および通信途絶により運用断念した。


瞳ひとみ,瞳孔どうこう

ひとみは瞳孔といわれます。虹彩中央にあるまるいあなで,光の入口です。これはカメラでいえばシポリにあたるところで,光が強い(明るい)と小さく縮み,夜や暗いところでは大きくなって目の中に入る光の量を加減します。また,それと同時に近くを見るときは縮小して像をはっきりとさせます

ひとみの特徴としては,

(1)角膜後ろ2~3mmのところにあります

(2)虹彩色素をもっていて光の入るのを防ぎます。

(3)虹彩毛様体という組織固定されています。

(4)ひとみは,興奮したり感動したりすると大きくなり,睡眠中は強く縮小しています。

瞳

Q.ひとみが大きくなる散瞳)、小さくなる縮瞳)とはどういうことですか

 

瞳

間接対光反応 

光を片方にあてると他方の目のひとみも小さくなる  

ひとみの働きは,カメラとよく似ています。カメラでは晴れた日はしぼりをとじ,曇った日はしぼりをあけて,一定の量の光をフィルムの上与えるようにしています。目もこれと同じで,常に一定の量の光を入れようとして,微妙にひとみの大きさ調節していますが,何らかの理由調節きかないと,ひとみが開きすぎたり散瞳瞳孔径6mm以上),閉じすぎたり縮瞳一睡孔径2mm以下)します。虹彩中には瞳孔散大筋瞳孔括約筋という筋肉があり,虹彩の幅を変えてひとみの大きさ変える働きをします。瞳孔散大筋が縮むとひとみは開き括約筋が縮むとひとみは小さくなります。

光とひとみの働きについては次のようなものがあります

(1)対光反応生きているときにしか起こらない反応で,目に光をあてると0.2秒後にすばやく縮瞳し,1秒間で最高になってその後少し散瞳します。

医師が,死亡直後の人の目にライトをあて「ご臨終ですと言う光景テレビなどで見たことがあるでしょう。これは対光反応見ているのです。

(2)間接対光反応 一 光を片方の目にあてると,反対の目のひとみも小さくなります。

(3)近見反射輻輳ふくそう反射) - 物を近く見たりすると,ひとみが縮小する場合をいいます。

Q.人によってひとみの色が違うのはなぜですか

ひとみの色は虹彩の色決まります。虹彩の色はその中に含まれているメラニン色素の量によって決まります。この色素の量が多いとかっ色,少ないと灰色青色になります

Q.白ウサギのひとみはなぜ赤いのですか

ウサギの目も人間の目もしくみはだいたい同じです。ウサギ虹彩には色素がなく,目の奥の脈絡膜血管の色がすきとおって瞳孔領が赤く見えるのです。それに対し,黒ウサギには色素多く瞳孔領は黒く見えます。

Q.動物のひとみは,タテ長やヨコ長がありますがなぜですか

瞳瞳

ひとみの形は,人間のように丸いひとみ,猫のように細長いひとみの二種類があるといわれています。また,細長いひとみでもタテ長いものとヨコ長いものとがあります。            

(1)タテ細長いひとみ - 瞳孔運動す早くできることと,強い光があたってひとみが小さくなるとき目に「フタ」をしたようになり、光をさえぎる効果が非常に強いのです。

このタテ細長いひとみは夜光性の動物に多いといわれています。(ネコなど)。 

(2)ヨコ細長いひとみ  馬などがこのひとみを持っています。このひとみは,やはりまぶしさをさけることができ,また,前後方向広く見られる(広い視野がとれる)ためだといわれています。

 草食動物にとって大切なことは,水平線のズーツと遠く見て敵がくればすぐに逃げだすことであり,あまり上の方を見る必要がないためです。


作者中村真一郎

収載図書女体幻想
出版社新潮社
刊行年月1992.12


作者西さとる

収載図書夏色
出版社文芸社
刊行年月2000.8


作者吉田ちさ都

収載図書深海魚
出版社碧天舎
刊行年月2004.10


作者小手鞠るい

収載図書恋するからだ
出版社徳間書店
刊行年月2007.9


作者羊辻春雪

収載図書12時のパラダイム
出版社文芸社
刊行年月2007.12


作者陽未

収載図書JEWELジュエル
出版社スターツ出版
刊行年月2008.5


瞳―あなたの中で

作者田中寿子

収載図書フーコー短編小説傑作16
出版社フーコー
刊行年月2005.5


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/07 09:24 UTC 版)

(ひとみ)は動物の虹彩瞳孔のこと。いわゆる黒目。




「瞳」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/07 15:13 UTC 版)

発音

名詞

  1. 光学ひとみ」の語義3を参照

熟語

複合語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



瞳と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「瞳」の関連用語

瞳のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



瞳のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瞳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS