プロ野球球団とは? わかりやすく解説

プロ野球チーム一覧

(プロ野球球団 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 10:01 UTC 版)

各国のプロ野球チーム一覧(プロやきゅうチームいちらん)。


注釈

  1. ^ 命名権による対外的な使用。

出典

  1. ^ 中野晴行著 球団消滅 p73
  2. ^ 松木謙治郎『新版 タイガースの生い立ち』第3版、恒文社、1975年、p.295
  3. ^ 徳永喜男『ヤクルトスワローズ球団史 1992年度版』、ベースボール・マガジン社、1992年、p.9



プロ野球球団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:12 UTC 版)

近畿日本鉄道」の記事における「プロ野球球団」の解説

近鉄プロ野球事業は、公式には1949年結成の「近鉄パールス後の大阪近鉄バファローズ)」からとされているが、既述の通り1944年発足から1947年までは旧・南海鉄道合併していたため、南海軍1938年発足。のちの南海ホークス福岡ダイエーホークス現在の福岡ソフトバンクホークス)を改めた近畿日本軍」が近鉄球団経営史嚆矢となる。 戦後近畿日本軍社章大いなる和」にちなみ「グレートリング」と改称1947年6月シーズン途中近鉄から南海電気鉄道分離発足歴史の節参照に伴い、同球団近鉄から南海傘下に移り同社社章羽車」にちなみ、「南海ホークス」と改称した1949年グレートリング所有したこととプロ野球人気きっかけとなり、近鉄は再び球団経営検討し今度自力で新たにパールス発足させた。その球団経営当時山口昌紀社長の手により「球団回収見込みがない経営資源」と見なされ、2004年のオリックス・ブルーウェーブ大手リース会社オリックス傘下)との統合により55年歴史に幕下ろし統合球団オリックス・バファローズ」への出資スポンサー協力2007年シーズンをもって終了名実ともにプロ野球事業から撤退した(「プロ野球再編問題 (2004年)」も参照)。 なお、かつて近運営していた球団である近畿グレートリング近畿日本ホークス)と近鉄バファローズは、球団経営母体それぞれソフトバンクグループオリックスとなった現在でも、パシフィック・リーグオリックス主管公式戦イベント試合OSAKAクラシック」として、京セラドーム大阪において年間1カード3試合程度近鉄南海時代復刻ユニフォーム着用試合行っている

※この「プロ野球球団」の解説は、「近畿日本鉄道」の解説の一部です。
「プロ野球球団」を含む「近畿日本鉄道」の記事については、「近畿日本鉄道」の概要を参照ください。


プロ野球球団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 16:13 UTC 版)

MAJOR」の記事における「プロ野球球団」の解説

本作ストーリー深く関わる球団は、以下の通り。@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}いずれも実在する球団モデル[要出典]。 横浜マリンスターズ【原作】 / 横浜ブルーオーシャンズ【アニメ】 万年Bクラス弱小球団。その名前やマリンスターズの本拠地横浜スタジアムアニメでは横浜オーシャンスタジアムであること、チームカラーが青であることなどから、横浜ベイスターズモデルであると思われる作品の舞台横浜選んだ理由について、満田は「(満田以前住んでいた蒲田からの)交通の便良く東京違って海や山が出てきてもおかしくないから」とコメントしている。 東京シャイアンズ(巨仁)【原作】 / 東京ウォリアーズアニメ毎年Aクラス強豪球団。その名前やユニフォームから読売ジャイアンツ巨人)がモデルとされるチームカラーは赤。 作中では資金ぶりのよさが強調され、英毅も「さすが金持ち球団」と評している。 メンフィス・バッツ【AAA】 / インディアナ・ホーネッツ【MLB】 チームカラーは緑。 オクラホマ・ファルコンズ【AAA】 / テキサス・レイダーズ【MLB】 モデルテキサス・レンジャーズ[要出典]。チームカラーは青。

※この「プロ野球球団」の解説は、「MAJOR」の解説の一部です。
「プロ野球球団」を含む「MAJOR」の記事については、「MAJOR」の概要を参照ください。


プロ野球球団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 16:43 UTC 版)

京阪電気鉄道」の記事における「プロ野球球団」の解説

京阪電気鉄道であった時代においては関西地方大手私鉄唯一プロ野球球団を持ったことがないかつては廃止され豊野駅付近に野球場備えたスポーツ施設京阪グラウンド」を1922年から1942年まで保有自社野球部使用していた)しており阪神急行電鉄社長小林一三がこれも含めた私鉄各社球場使用した電鉄リーグ構想」を、現在のプロ野球発足する以前に持っていたことがわかっている。しかし、この構想宝塚運動協会短期間実現させたにとどまり具体化しなかった。 1936年現在のプロ野球発足した当時京阪昭和恐慌から立ち直って間がなく、折しも従来多角的な営業方針から運輸一本主力を置く堅実な営業方針転換した時期で、プロ野球進出する動きはなかった。 戦後再発足した1949年当時は近鉄をはじめとしてプロ野球への参入企業相次いだが、当時今田英作専務が「これから新し事業をやらねばならぬとき、新発足の京阪としてプロ野球のような道楽商売に力を割くべきではない」という見地から「球団は持つべきではない」と社長村岡四郎進言し、村岡もこれを取り上げて、やはりプロ野球には進出しなかった。 しかし京阪プロ野球と全く関係がなかった訳ではなく後の日本プロ野球史に名を残した人物在籍していたこともあった。その人物とは、審判時代に「俺がルールブック!!」と報道され一躍有名となり、また1970年競技者表彰として野球殿堂入りした二出川延明である。二出川1925年明治大学卒業と同時京阪入社し旧制中学校監督転身するため退社した1929年まで4年在籍していた。京阪在籍中同社野球部所属していた記録がある。二出川旧制中学校野球部監督退任後は日米野球メンバー選ばれ1934年から1936年まで読売ジャイアンツなどでプロ野球選手としてプレーしていた。引退後日本プロ野球代表する審判となり、1960年より1963年までパシフィック・リーグ2代目審判部長を務めた

※この「プロ野球球団」の解説は、「京阪電気鉄道」の解説の一部です。
「プロ野球球団」を含む「京阪電気鉄道」の記事については、「京阪電気鉄道」の概要を参照ください。


プロ野球球団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/30 05:58 UTC 版)

ヘテ」の記事における「プロ野球球団」の解説

かつては韓国野球委員会KBO所属プロ野球団「ヘテ・タイガース」を所有するなど全羅南道拠点を置き発展球団2001年起亜自動車現代起亜(HYUNDAI-KIA)系)に売却され、現在は「KIAタイガース」として活動

※この「プロ野球球団」の解説は、「ヘテ」の解説の一部です。
「プロ野球球団」を含む「ヘテ」の記事については、「ヘテ」の概要を参照ください。


プロ野球球団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:38 UTC 版)

阪急電鉄」の記事における「プロ野球球団」の解説

阪急ホールディングス(現・阪急阪神ホールディングス)として持株会社となる前の旧・阪急電鉄1924年から1929年までの宝塚運動協会、そして1936年から1988年まで阪急ブレーブス後にオリックス・ブレーブス、現在はオリックス・バファローズ)というプロ野球球団を持ちそれらの本拠地専用球場)として宝塚球場阪急西宮球場後の阪急西宮スタジアム2002年閉鎖)を所有していた。

※この「プロ野球球団」の解説は、「阪急電鉄」の解説の一部です。
「プロ野球球団」を含む「阪急電鉄」の記事については、「阪急電鉄」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プロ野球球団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プロ野球球団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

プロ野球球団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プロ野球球団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプロ野球チーム一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの近畿日本鉄道 (改訂履歴)、MAJOR (改訂履歴)、京阪電気鉄道 (改訂履歴)、ヘテ (改訂履歴)、阪急電鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS