中村鋭一とは?

中村鋭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/13 05:15 UTC 版)

中村 鋭一(なかむら えいいち、1930年1月22日 - 2017年11月6日)は、日本の元アナウンサー、タレント、政治家(元衆議院参議院議員)。愛称は「えいちゃん」。「浪速のえいちゃん」と名乗っていた時期もある。俳号「中村一竿子(なかむら いっかんし)」。




注釈

  1. ^ 開局当時はラジオ部門のみ。法人としては2018年4月以降の朝日放送グループホールディングスにあたる。
  2. ^ 6月にABCに吸収され、現在の朝日放送テレビ(ABCテレビ)となる。
  3. ^ 後輩の道上洋三(「おはようパーソナリティ」を中村から引き継いだ)によれば、「中村さんの第1回の番組開始当初はタイトルが決まっておらず、中村さんの番組第一声は『Spring has come early in the morning.』だった」という[2]
  4. ^ 中村は日本で初めて『パーソナリティ』の肩書を名乗った人物だと言われている。詳しくはラジオパーソナリティの項を参照。

出典

  1. ^ a b c d “「六甲おろし」名付け親の中村鋭一さん逝く…日本一の猛虎愛捧げた87年”. サンケイスポーツ. 経済産業新聞社: p. 1-4. (2017年11月8日). http://www.sanspo.com/geino/news/20171108/geo17110805060005-n1.html 2017年11月8日閲覧。 
  2. ^ “道上洋三アナ「追い越せたと思った日ない」“偉大な先輩”中村鋭一さん偲ぶ”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2017年11月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/08/kiji/20171108s00041000079000c.html 2017年11月8日閲覧。 
  3. ^ “中村鋭一さんが死去…朝日放送の第1期アナ、87歳”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2017年11月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171107-OHT1T50101.html 2017年11月7日閲覧。 
  4. ^ “中村鋭一さんが死去”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2017年11月7日). オリジナルの2017年11月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107165543/https://www.daily.co.jp/society/main/2017/11/07/0010712323.shtml 2017年11月8日閲覧。 
  5. ^ 2012年3月3日「鋭ちゃんのダイナマイト・トーク」、2012年4月1日「鋭ちゃん順子のさざなBeゲーション」


「中村鋭一」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

大阪府の政治家 浅井美幸  木村良樹  中村鋭一  坪井一宇  正森成二
新自由クラブの人物 玉木襄  田中秀征  深井明  中村鋭一  長野祐也
滋賀県の政治家 堤康次郎  西村捨三  西田善一  中村鋭一  山下元利
日本の歌手 渡辺マリ  仁科かおり  中村鋭一  Masumi  綾戸智恵
ラジオ番組のパーソナリティ・DJ 四元都華咲  松野大介  中村鋭一  W-inds.  平山貴人
フリーアナウンサー 武藤乃子  寺西瑞紀  中村鋭一  小島一宏  平山貴人
朝日放送のアナウンサー 山下剛  上田博章  中村鋭一  清水次郎  大岩堅一
日本の政治評論家 中村慶一郎  有馬晴海  中村鋭一  丹羽文生  長野祐也
福井放送のアナウンサー 森本茂樹  重盛政史  中村鋭一  伊藤裕樹  中山裕子
山口放送のアナウンサー 村瀬ひとみ  渡辺三千彦  中村鋭一  重岡千晶  中谷隆宏

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中村鋭一」の関連用語

中村鋭一のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中村鋭一のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中村鋭一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS