禰宜とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 禰宜の意味・解説 

ねぎ [1] 【禰宜】

動詞「労()ぐ」の連用形から〕
神社奉職する神職総称古く神主と祝(はふり)の間に位置したが、現在の職制では宮司権宮司の下に置かれる。
伊勢神宮において少宮司の下に置かれている職。

禰宜

読み方:ネギnegi

神職


禰宜

読み方:ネギnegi

神主の下、祝の上位置する神職


ねぎ 【禰宜】

(「祈ぐ」の連用形から)神主の下、祝の上位する神職伊勢神宮では少宮司の次、宮掌の上宮司の命で祭祀奉仕し、事務を司った。一禰宜長官)・二禰宜・三禰宜などがあった。→ 神主

禰宜(ねぎ)

宮司の命を受け社務従事する神職宮司補佐役。

祢宜

読み方:ネギnegi

所在 和歌山県和歌山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

禰宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/28 08:05 UTC 版)

禰宜(ねぎ)とは、神職の職称(職名)の一つである。「祢宜」とも書く。今日では、一般神社では宮司の下位、権禰宜の上位に置かれ、宮司を補佐する者の職称となっている。


  1. ^ a b 『神道行法の本―日本の霊統を貫く神祇奉祭の秘事』 学研(原著2005年2月25日)。ISBN 9784056037753


「禰宜」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禰宜」の関連用語

禰宜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



禰宜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2020 (C)Okayamaken Jinjacho
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの禰宜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS