茶芸とは? わかりやすく解説

茶芸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/20 09:55 UTC 版)

中国茶」の記事における「茶芸」の解説

詳細は「zh:中国茶艺」を参照 もともと中国には、日本のようなお点前はなく、茶芸は台湾大手問屋社員だった蔡榮章(現「陸羽茶学研究所所長」)が1970年代後半ごろ日本の茶道参考に創始したものである大手問屋茶葉消費促進策で、この問屋設立した陸羽茶芸中心」がお茶知識淹れ方技能を問う「泡茶師」の資格試験実施している。それが、経済成長下の中国大陸入り、やがて韓国にも広がっていった。明代から清代初めにかけて、福建省南部生まれたとされるウーロン茶飲み方工夫茶」が原型になってはいるものの、当時の記録お茶入れ方動作については触れられておらず、もっと手順簡単だったと見られる現在の茶芸の茶巾をたたむという所作は、日本の茶道影響表れであるといえる基本的には「日本の茶文化とは、客をもてなす事中国美味しお茶楽しむ事」と認識される

※この「茶芸」の解説は、「中国茶」の解説の一部です。
「茶芸」を含む「中国茶」の記事については、「中国茶」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶芸」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶芸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶芸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの中国茶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS