トーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 調子 > トーンの意味・解説 

トーン【tone】

読み方:とーん

音、音調

色調。「暗い―の絵」

物事全体から感じられる気分調子。「交渉相手の―が変わる」

スクリーントーン」の略。

「トーン」に似た言葉

【トーン】(とーん)

Tone.
赤外線誘導ミサイル目標ロックオンし、発射可能状態になったときに鳴るブザー音。
シーカー作動していることを表す。


トーン

(1)音質。たとえば、トーン・コントロールアンプギターなどの音質調整機能をさす。(2)音色。たとえば、トーン・モジュールはシンセサイザー音源をさす。(3)音声。たとえば、トーン・ジェネレーターは、電子楽器音源発振回路をさす。

トーン

名前 ToneToonThonThornTorn

トーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 06:54 UTC 版)

トーン

tone

Thon

Torn

関連項目

  • TONE(曖昧さ回避)


トーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 16:59 UTC 版)

Windows Aero」の記事における「トーン」の解説

Windows Vistaユーザー エクスペリエンス ガイドラインでは、ユーザインタフェース用いテキストの「トーン」について言及している。OS矛盾する情報要求提示しないようにすること、などと言ったことがガイドライン言及されることはかつてなかった。 マイクロソフト調査では、Windows利用者Windows活用理解困難だ感じているということ明らかになったという。また、一部語句によって、不快だった侮辱的あるいは見下すような態度だと思われたりする。特に、専門用語不適切な多用新し利用者にとって理解への障壁になるというのであるそのため、Windows Vistaガイドラインでは、Windows Vista自身アプリケーションに対して専門用語正しく簡潔に適切に使用し作業を行う人間その内容理解している仮定するよう呼び掛けている。例えば、命令調の文章排除するなどといったことが挙げられている。

※この「トーン」の解説は、「Windows Aero」の解説の一部です。
「トーン」を含む「Windows Aero」の記事については、「Windows Aero」の概要を参照ください。


トーン(thorn)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 11:42 UTC 版)

ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事における「トーン(thorn)」の解説

アメリカスーパーヒーロー大きな植物育て、操る力を持っている。スーパーヒーロー名のみ公表されている。

※この「トーン(thorn)」の解説は、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の解説の一部です。
「トーン(thorn)」を含む「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の記事については、「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トーン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

トーン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:18 UTC 版)

語源

名詞

トーン

  1. 調子音調
  2. 楽音全音
  3. 色調色合い
  4. 口調語調
  5. 声調

発音(?)

と↘ーん

「トーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



トーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トーン」の関連用語

トーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トーンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのWindows Aero (改訂履歴)、ミラキュラス レディバグ&シャノワール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのトーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS