莫迦とは?

ばか【馬鹿/××迦】

[名・形動《(梵)moha音写無知の意。「馬鹿」は当て字

知能劣り愚かなこと。また、その人や、そのさま。人をののしっていうときにも用いる。あほう。「—なやつ」⇔利口。

社会的常識にひどく欠けていること。また、その人。「役者—」「親—」

つまらないこと。無益なこと。また、そのさま。「—を言う」「—なまねはよせ」

度が過ぎること。程度が並はずれていること。また、そのさま。「—に風が強い」「—騒ぎ」「—正直」

用をなさないこと。機能が失われること。また、そのさま。「蛇口が—で漏れる」→馬鹿になる2

[補説] 元来相手ののしる言葉であるが、相手対す思いやり親しみ愛情気持ち込め用いることもある。「—だな。そんなに思いつめなくていいのに」など。また、「—! あきらめるな」のように、否定批判などの意で、感動詞的にも用いられる。

[派生] ばかさ[名]

[用法] 馬鹿・阿呆(あほう)——「馬鹿」のほうが広い地域で使われ、意味の範囲も広い。「馬鹿に暑い」「馬鹿正直」「このネジ馬鹿になっている」のような意は「阿呆」にはない。◇「馬鹿」は関東で、「阿呆」は関西多く使われる。

[補説]  
2015年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2015キャンペーンでの「馬鹿」への投稿から選ばれた優秀作品。

考えることを放棄したさま。
MORIZOさん

自分頭で考えることをしない者のこと。
もりぷーさん

◆変わろうとしない人のこと。
瑠加さん

言葉の発し方で、けなすことにも愛情表現にもなる不思議な言葉
バレエ・メカニクさん

◆きれいで魅力的女の人耳元でそっと甘くささやかれると、どんなことでも許してしまう言葉のこと。またはそれによって簡単にだまされてしまう男のこと。
はいちゃさん

一拍置いて呟く様に言うと、とんでもなく「萌え」となる言葉
ケロッキーさん

愛情裏返しの意味を持つ。連呼すればするほど「愛しい」という意味になる。素直になれない人が使用する。
えるるさん

◆自ら、一次情報確かめることをせず、インターネット上の情報や、テレビ伝聞、噂に基づいて他人見下し、攻撃する人、またはそうした性質
larimarさん

関西人対する最高の侮辱言葉。「アホ」との誤用注意
MGNさん

時にはわざとその素振りをすることで、うまくいく時がある。
といしさん


ばか【馬鹿・莫迦・破家】

〔名〕 (「馬鹿」はあて字梵語moha =慕何(痴)、または mahallaka =摩訶羅(無智)の転で、僧侶隠語として用いことによるという)

① (形動知能劣り愚かなこと。また、そのさまやその人。あほう。〔文明本節用集室町中)〕

浮世草子好色一代男(1682)五「女郎まじりの大踊みるから此身は馬鹿(バカ)となって」

② (形動取るに足りないつまらないこと。無益なこと。また、常軌を逸したことやそういうさまをいう。たわけ。

滑稽本浮世床(1813‐23)初「いつまでも馬鹿(バカ)止ねへはな」

③ 本来のはたらきを果さない状態。当然持っているはずの機能がはたらかない状態。「鍵がバカになる」→ばかになる②。

程度はなはだしいこと。多く名詞の上に付けて接頭語的に用いる。「馬鹿騒ぎ」「馬鹿力」など。→ばか(馬鹿)に。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙一二「馬鹿(バカ)忍耐強い男だ」

(5)ばかがい馬鹿貝)」の略。

談義本風流志道軒伝(1763)四「かくのごとく丸裸、馬鹿(バカ)のむき身と笑れて」

(6) 銭の数をはかる用具。二対一の長さクランク型の金属製の棒で、長い方で一〇〇文を、短い方で五〇文を数える。

雑俳川柳万句合明和六(1769)三「まったりとばかときせるでしんを切り」

(7) 釣竿よりも糸を長くすること。また、その長い部分


莫迦

読み方:バカbaka

知能働きがにぶいこと


ばか 【馬鹿・莫迦】

種々の説があるが、『大言海』『広辞苑』などは、梵語モーハ〈痴〉またはマハラカ〈無知〉から出た語で、僧が隠語として用いたとしている。中村元仏教大辞典』は馬鹿として、梵語bakaまたはmoha無知迷い〉の意の音写といわれるとして「愚かなこと。愚かな人」と記す。

馬鹿

(莫迦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 06:34 UTC 版)

馬鹿(ばか)とは、


注釈

  1. ^ この説を採る場合、開国当時よりの学生語の由来にドイツ語系列が多い事を根拠としている(ドイツ発音でw字母はヴ発音を表すため。この場合いわゆるクサチュー語のヴァカ時の置き換え由来の一つでもある)。事実日本語を初学するドイツ人は例外なくwの綴りをヴと読む。
  2. ^ 同様に原義から大きく変わった悪党とは逆の変遷をして来た事になる(こちらの原義も狼藉者の意味ではない)。
  3. ^ なお、同型の標準語で「たくらだ」があり、「たくらだ猫の隣歩き」という諺も存在する。

出典

  1. ^ a b c d e f 広辞苑「ばか」
  2. ^ a b c d 大辞泉「ばか」
  3. ^ a b 「ばか」『新明解国語辞典 第六版』三省堂、2005年、ISBN 4-385-13105-8
  4. ^ a b 「新明解国語辞典 初版」
  5. ^ 広辞苑「親馬鹿」
  6. ^ たとえば『だいすき!! ゆずの子育て日記』には軽度の知的障害者が主人公として登場し、彼女が小学校時代に周りから「ばか」呼ばわりされたことが記されている。創作ではあるが、少なくとも傍証にはなるであろう。
  7. ^ かつては加賀藩の領地だった。
  8. ^ a b アナタは何人知っている? 年末・年始も引っ張りだこの“おバカ”タレント、そのブームの背景に迫る! 日経トレンディネット(2007年12月27日)2011年平成23年)4月7日閲覧
  9. ^ a b おバカタレント、その真価を探る All About(2008年10月23日)2011年(平成23年)4月7日閲覧
  10. ^ Edward P. Stafford, Little Ship, Big War, New York: Jove, 1985, pp. 253 & 282, ISBN 0515084182, OL 7656661M.
  11. ^ Robert C. Mikesh, "Baka", Japanese Aircraft: Code Names & Designations, Atglen PA: Schiffer, 1993, ISBN 0887404472.
  12. ^ a b 『建築現場実用語辞典』建築慣用語研究会、井上書院、1988年。ISBN 4-7530-0077-X




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「莫迦」の関連用語

莫迦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



莫迦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬鹿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS