DQNとは? わかりやすく解説

DQN

読み方:どきゅん
別表記:ドキュンドキュソ

dqn(どきゅん)とは、軽率そうな人、非常識な行動をする人、教養がなく品位がない人を侮辱的に表すときに用いネットスラング読み方は「ドキュン」が主流だが、近年では「ディー・キュー・エヌ」と読まれることもある。

1994年から2002年までテレビ朝日放送されていた番組目撃!ドキュン」が由来とされる同番組の内容ヒューマンバラエティ中心したものだったが、番組出演した一般人中に常識欠けている若者多く見られたり、番組再現VTR常識外れ人間がよく出ていたりしたため、「『目撃!ドキュン』に出演する一般人非常識な人」という等式徐々に成立し2ちゃんねるなどのウェブサイト中心に使われるようになった

表記は、初めはカタカナ書きの「ドキュン」だったが、発音アルファベット当てた「dqn」に主流移った。それを略したdq」という表記もある。2ちゃんねるでは独自の用法に従って表記変更したドキュソ」という表記見られる

関連用語としては「dqnネーム」などがある。dqnの親が子供に付けそうな名前を指す。つまり、常識から逸脱した奇抜な名前を揶揄る言である。

例文
・「お前の親父はdqnだな」と同級生言われ傷ついた
私の名前dqnネームかもしれないけれど、自分で気に入っている。
・「dqn」などと言って人を馬鹿にする人が嫌いだ

類語としては、「マイルドヤンキー」や「チンピラ」などが挙げられるが、前者は「地元根ざし同年代友人家族との仲意識基盤とした生活をベースとする若者」を指し後者は「一般市民に対して些細な理由で示威行為をする者」を指すので、どちらとも味は異なる。対義語としては、聡明意を示す「スマート」などが挙げられる。 

DQN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/04 03:02 UTC 版)

DQN(ドキュン)とは、日本語の文脈で使われるインターネットスラング蔑称の一つである。


  1. ^ 牧野恭仁雄『子供の名前が危ない』ベストセラーズ(ベスト新書)、2012年。20頁。
  2. ^ “「orz」「DQN」「ノシ」…ネットスラングいくつ知ってる?”. MSN産経ニュース. (2010年11月10日). オリジナルの2010年11月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101113060808/http://sankei.jp.msn.com/economy/it/101110/its1011100906000-n1.htm 2022年9月4日閲覧。 
  3. ^ “グーグルAI、その名もDQN! 超高性能だが、「頭悪そう〜」”. 産経ニュース. (2015年2月26日). オリジナルの2015年2月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150227110031/http://www.sankei.com/entertainments/news/150226/ent1502260005-n1.html 2015年2月27日閲覧。 
  4. ^ プロバイダ責任制限法対応事業者協議会
  5. ^ プロバイダ責任制限法ガイドライン等検討協議会 (2011) (PDF). プロバイダ責任制限法発信者情報開示関係ガイドライン. https://web.archive.org/web/20220419132236/http://www2.telesa.or.jp/consortium/provider/pdf/provider_hguideline_20110921_1.pdf 2022年9月4日閲覧。. 
  6. ^ 判決文では、「「DQN」が侮辱的表現であることは」、証拠「より明らかである。」と判示されている
  7. ^ 「DQN」は名誉毀損 2ちゃん語が危ない”. J-CAST ニュース (2007年2月28日). 2022年9月4日閲覧。
  8. ^ 「DQN」で実名開示も?悪質書き込み対策で業界ガイドライン”. IT+PLUS (2007年2月26日). 2007年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年9月4日閲覧。
  9. ^ “【成人式DQN】 警察官70人ズラリ…6年前5人逮捕の秋田市、さすがに粛々と”. 産経ニュース. (2016年1月10日). https://www.sankei.com/article/20160110-KUOZXKJTAFI3VL7ODLDQELA7IY/ 2022年9月4日閲覧。 
  10. ^ “【成人式DQN】 超ド派手…花魁姿にカラフル羽織袴 北九州、周辺・お祭り騒ぎ…式典・静粛の棲み分け”. 産経ニュース. (2016年1月10日). https://www.sankei.com/article/20160111-UN6PZ7PVURKB5AB3ACOAI2OICE/ 2022年9月4日閲覧。 
  11. ^ “【成人式DQN】 「なめんじゃねー」拡声器で叫びステージに…代表者も反撃 水戸、警察と一時にらみ合い”. 産経ニュース. (2016年1月11日). https://www.sankei.com/article/20160111-4ADR7BUTDNPERLOCDXQG6FVCLM/ 2022年9月4日閲覧。 
  12. ^ “【成人式DQN】 「うるさい、おまえ、どこのやつだ」路駐男性に因縁つけ平手打ち 成人式帰りの19歳を逮捕 愛知”. 産経ニュース. (2016年1月11日). オリジナルの2016年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160113204835/http://www.sankei.com/affairs/news/160111/afr1601110007-n1.html 2022年9月4日閲覧。 
  13. ^ “【成人式DQN】 成人式警戒中の警察官に向けて「改造車」走行、停止せず 公妨容疑で新成人?男8人逮捕”. 産経ニュース. (2016年1月11日). オリジナルの2016年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160113022710/http://www.sankei.com/affairs/news/160111/afr1601110009-n1.html 2022年9月4日閲覧。 
  14. ^ “【成人式DQN】 大荒れの成人式で警備強化も 水戸の式典、後味悪く”. 産経ニュース. (2016年1月11日). https://www.sankei.com/article/20160111-BYDDR4KX6RNCVPXA47IO5IZC2Q/ 2022年9月4日閲覧。 
  15. ^ “【成人式DQN】 カラオケ店で暴行疑い 式後の19歳少年”. 産経ニュース. (2016年1月11日). オリジナルの2016年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160113022717/http://www.sankei.com/affairs/news/160111/afr1601110015-n1.html 2022年9月4日閲覧。 
  16. ^ “【成人式DQN】 「なめんなよ!」「やってやるぜ」 ステージ乱入を制止…茨城・つくば市で式典が一時中断 追突事故の市長は謝罪…”. 産経ニュース. (2017年1月8日). https://www.sankei.com/article/20170108-HNHDMI22RVLGNJ27IMPRMQITXQ/ 2022年9月4日閲覧。 
  17. ^ “グーグル開発の人工知能DQN ネットでは「命名事故?」「奇跡的」”. withnews. (2020年8月8日). https://withnews.jp/article/f0150226003qq000000000000000W00b0901qq000011569A 2022年9月4日閲覧。 
  18. ^ 羽生善治、NHKスペシャル取材班『人工知能の核心』NHK出版、2017年、51頁。ISBN 978-4-14-088511-6


「DQN」の続きの解説一覧

DQN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 15:38 UTC 版)

アスナの憂鬱」の記事における「DQN」の解説

姑やママ友などの女性DQNについては、女性言葉をあまり喋らず、悪役としての悪辣さがかなり生々しく押し出されている。物によってはもはや危険人物レベルのDQNも多い。だいたいはエリートセレブ自称して自分の地位実力自惚れ主人公達底辺呼ばわり見下す発言をするばかりか自分の意に沿わない発言面子潰されたことに激昂し殺人未遂暴行に出ることも厭わない視聴者コメントすら「外道をはじめ既存作品キャラ達の言葉借りてバッシングの嵐。また、動機明らかになって自暴自棄に罪を重ね続け追い詰められているのにも関わらず往生際悪く(主役ミサ達の隙を見て振り切り)躊躇せず無抵抗の子供容赦なく攻撃(彼女達鼬の最後っ屁をして後悔と絶望に突き落とそうと道連れに)しようとする傾向も強い。特に弱者障がい者に対して何の躊躇いもなく常軌を逸した行為を行う人物異常に多い。主人公の夫不倫相手主人公馬鹿にするが、制裁下された後は慰謝料請求され家族親類友人同僚から縁を切られる事が多い。作品によっては不倫相手主人公の夫悪事気付き主人公協力して夫に制裁下し別れた後は主人公友達になるといった展開がある。女性主人公(アスナレイナアカネ)の夫がアラタを含む常識のある男性であるパターン少なく大抵はDQN担当が多い(しかし、DQN担当ママ友教師といった外部人間である場合は、一貫として味方サイド)。最終的には離婚する事が殆どである。その為ミサ主人公の子供から「アスナ男を見る目がなさ過ぎ」「ママはどうしてあんなクズ(主人公元夫)と結婚したの?」と言われており、視聴者コメントでも似たようなコメントがあった。また、DQN担当親子(主人公の夫と姑)や夫の場合ミサ主人公義姉という設定になっている事が多く、DQN親子やDQN夫の迷惑な行動主人公謝罪したり、DQN親子体たらく見て「私もこいつらと血が繋がってるの…。」と大泣きするシーンがある。主人公の両親がDQNである場合両親はきょうだいがい場合はきょうだいを溺愛し主人公人格存在否定するなどの差別侮辱をするが、主人公実力認めらたり有名人になると掌を返すように周囲自己アピール復縁和解援助求めるが、最終的には今まで悪事公衆の面前で露見制裁下され主人公親類からも絶縁され貧相な生活を送る羽目になるパターンが殆どである。 きょうだいタケシミサユミなど主人公側の固有キャラ務め場合除いてDQNであることが多く、DQN親と同様主人公バカにするが、主人公同じようなことになるときょうだい自身自業自得な結末終わることが多い。飲食店(高級レストラン寿司屋焼肉屋など)や高級ホテルなど、サービス業従業員基本的にDQN担当であることが多く主人公服装職業外見など差別して料理飲み物をかけるなど横柄な態度でひどい対応したり、店から追い出したりしているが、主人公有名人であることを知った際は掌を返すように態度豹変させる。最終的には制裁下され仕事クビになり、他の店のアルバイトすら雇わせてもらえなくなる。また運良く雇われた先でも同じようなことを繰り返し最終的に仕事に就なくなったパターンもある。一度だけ逮捕免許剥奪免れる代わりに髪と眉を剃られ見習い美容師降格となり、ミサ側近たち監督付き修行からやり直す結末になったことがある大学生権力者父親を持つことが多く主人公達に対して父親権力脅迫隠蔽行おうとするが、味方キャラ父親の方権力上であることが多い。自分より立場上の者校長教頭教育委員会関係者店長社長など)に対しては案外頭が上がらず大抵は制裁されることが多い。姑やママ友同様に夫に弱く最終的には夫から離婚させられることが多い。男性DQNは主人公や子供に尊大に振る舞うが実は小心者であるこ多く拷問のような制裁をされそうになった時やドッキリ仕掛けられ時には失禁した保身のため擦り付けたりするなど情けな一面がある。特に主人公の夫にこの傾向見られ、姑から長年溺愛されたマザコン気質である事が多い。DQNが最終的に逮捕される話が最多で、改心した和解することも少ない。その末路実刑判決で即服役になるが、程度によっては初犯のため執行猶予付き有罪判決仮釈放される場合もある。多額の慰謝料養育費などを請求され借金倒産追い込まれるなど、貧困に陥るほど悲惨さ物語っている。最近(2021年7月ごろ)からは一度は恥をかいたり賠償金の支払い断食修行などの制裁課せられたにも関わらず解放された後に主人公逆恨みをして後半制裁を受け、逮捕されるパターン増え始めている(一応脱走などはせず、大人しくこなしてはいた模様)。

※この「DQN」の解説は、「アスナの憂鬱」の解説の一部です。
「DQN」を含む「アスナの憂鬱」の記事については、「アスナの憂鬱」の概要を参照ください。


DQN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 16:05 UTC 版)

野崎渚」の記事における「DQN」の解説

2012年8月2日WNC新宿大会で1年ぶりにリング復帰大原はじめ結託しその場で当時練習生だった小林香萌暴行加えたことも自白した8月30日後楽園大会でレスラー復帰戦として同期デビューである真琴5年ぶりとなるシングル組まれた。復帰戦勝利飾り真琴との3連戦を3連勝。この時期よりノザビッチを二つ名として名乗り始める。 10月大原中心たるヒールユニット「株式会社DQN」に黒潮二郎とともに参加社長秘書となる。 11月27日後楽園ホール開かれたWAVE&AAA合同興行参戦志田光組みWAVE認定タッグ王座時期挑戦者決定5WAYマッチ出場した11月28日WNC後楽園大会にてWNC女子王座決定トーナメント準決勝華名勝利。「世界のノザビッチ」を名乗る華名が元WWEディーバセリーナ勝利してから「世界華名」を名乗っていたため)。 2013年1月眼底骨折のため試合欠場発表その後、DQN創設者大原WNC退団黒潮正規軍に合流した2014年にはWNC活動停止

※この「DQN」の解説は、「野崎渚」の解説の一部です。
「DQN」を含む「野崎渚」の記事については、「野崎渚」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「DQN」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

DQNのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



DQNのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDQN (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアスナの憂鬱 (改訂履歴)、野崎渚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS