道連れとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 道連れの意味・解説 

みち‐づれ【道連れ】

連れ立って行くこと。同行また、その人同行者。「よい道連れができる」「旅は道連れ世は情け

一緒に行動させること。同じ道をとらせること。「子を道連れに心中する」


道連れ

作者阿刀田高

収載図書真夜中の料理人
出版社講談社
刊行年月1986.10

収載図書真夜中の料理人
出版社講談社
刊行年月1989.10
シリーズ名講談社文庫


道連れ

作者小山清

収載図書小さな町
出版社みすず書房
刊行年月2006.10
シリーズ名大人本棚


道連れ

作者飯野笙子

収載図書闇夜の花橋詰ちょうちん裁き
出版社ベストセラーズ
刊行年月2006.12
シリーズ名ベスト時代文庫


道連れ


道連れ

作者草野唯雄

収載図書淫らな聖女
出版社徳間書店
刊行年月1987.6
シリーズ名徳間文庫


道連れ

作者今井泉

収載図書ガラスの墓標
出版社文芸春秋
刊行年月1993.5


道連れ

作者清水一行

収載図書単身赴任
出版社集英社
刊行年月1995.1
シリーズ名集英社文庫

収載図書単身赴任
出版社徳間書店
刊行年月2000.4
シリーズ名徳間文庫


道連れ

作者香納諒一

収載図書深夜にいる
出版社中央公論社
刊行年月1997.9


道連れ

作者南島砂江子

収載図書ザ・ベストミステリーズ推理小説年鑑 1998
出版社講談社
刊行年月1998.6

収載図書殺人者ミステリー傑作38
出版社講談社
刊行年月2000.11
シリーズ名講談社文庫

収載図書疑惑
出版社碧天舎
刊行年月2005.9


道連れ

作者メイヴ・ビンチー

収載図書クリスマス食卓
出版社アーティストハウス
刊行年月1998.12


道連れ

作者北原亞以子

収載図書妻恋坂
出版社文藝春秋
刊行年月2003.3

収載図書妻恋坂
出版社文藝春秋
刊行年月2007.11
シリーズ名文春文庫


道連れ

作者藤原緋沙子

収載図書雪舞い橋廻り同心・平七郎控
出版社祥伝社
刊行年月2004.12
シリーズ名祥伝社文庫


道連れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/13 09:56 UTC 版)

道連れ(みちづれ)




「道連れ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道連れ」の関連用語

道連れのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



道連れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道連れ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS