ドキュンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ドキュンの意味・解説 

DQN

読み方:どきゅん
別表記:ドキュン、ドキュソ

dqn(どきゅん)とは、軽率そうな人、非常識な行動をする人、教養がなく品位がない人を侮辱的に表すときに用いネットスラング読み方は「ドキュン」が主流だが、近年では「ディー・キュー・エヌ」と読まれることもある。

1994年から2002年までテレビ朝日放送されていた番組目撃!ドキュン」が由来とされる。同番組の内容ヒューマンバラエティ中心したものだったが、番組出演した一般人中に常識欠けている若者多く見られたり、番組再現VTR常識外れ人間がよく出ていたりしたため、「『目撃!ドキュン』に出演する一般人=非常識な人」という等式徐々に成立し、2ちゃんねるなどのウェブサイト中心に使われるようになった。

表記は、初めカタカナ書きの「ドキュン」だったが、発音アルファベット当てた「dqn」に主流が移った。それを略した「dq」という表記もある。2ちゃんねるでは独自の用法に従って表記変更した「ドキュソ」という表記見られる

関連用語としては「dqnネーム」などがある。dqnの親が子供に付けそうな名前を指す。つまり、常識から逸脱した奇抜な名前を揶揄する言葉である。

例文
・「お前の親父はdqnだな」と同級生言われ、傷ついた。
私の名前dqnネームかもしれないけれど、自分では気に入っている。
・「dqn」などと言って人を馬鹿にする人が嫌いだ。

類語としては、「マイルドヤンキー」や「チンピラ」などが挙げられるが、前者は「地元根ざし同年代友人家族との仲間意識基盤とした生活をベースとする若者」を指し後者は「一般市民に対して些細な理由示威行為をする者」を指すので、どちらとも意味は異なる。対義語としては、聡明の意を示す「スマート」などが挙げられる。 

どきゅん

《「ドキュン」「DQNと書くことが多い》非常識な行動や周囲の迷惑を顧みない行動をする者をいう俗語。主にインターネット上で用いられる蔑称

[補説] 他人の非常識な行動に悩む人の人生相談などを扱ったテレビ番組タイトル由来1990年代末ごろ、インターネット掲示板などで蔑称として使われ始めた。


ドキュン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/15 10:23 UTC 版)

ドキュン




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドキュン」の関連用語

ドキュンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ドキュンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドキュン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS