親父とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 親父の意味・解説 

しん‐ぷ【親父】

古くは「しんぶ」とも》父親。実の父。「御親父様によろしく」⇔親母(しんぼ)。

「僕の―などはドウモ頑固で仕方がない」〈鉄腸雪中梅


おや‐じ〔‐ぢ〕【親父/親仁/親×爺】

自分父親親しんで、また、他人に対してへりくだっていう語。⇔おふくろ

中年または老齢の男や、他人父親をいう語。「隣の―」

店の主人。「飲み屋の―」

部下がその集団の長を親しんでいう語。

ヒグマ俗称。山のおやじ。

父母の父。祖父

「―を殺さしておめおめと其人と同道して是迄来る腰ぬけと」〈浮・国姓爺明朝太平記

[補説]  
2017年実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2017キャンペーンでの「オヤジ」への投稿から選ばれた優秀作品。

人生哲学背負い、カウンターの隅で一人ブツブツ言ってる人。
nodokaさん

会話締めに、ダジャレを言う哺乳類
ちゅん2めんさん

親愛気持ち込められる場合と、軽蔑気持ち込められる場合がある。文脈言い方表情違い判断する必要がある男性呼称
osarusanさん

女性におけるオバサンと同じで、認めたら負け自分認め瞬間本当オヤジになる。
三上さん

昔話自慢をする人。
瀬川さん


親父

読み方:ヤジ(yaji)

自分の父の称


親父

作者チャールズ・ブコウスキー

収載図書オールドパンク、哄笑する―チャールズ・ブコウスキー短編集
出版社ビレッジプレス
刊行年月2001.6


親父

作者奈良是眞

収載図書それでの勝ち 2
出版社文芸社
刊行年月2003.1

収載図書それでの勝ち 後篇
出版社新風舎
刊行年月2007.4


親父

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/28 23:57 UTC 版)

親父(おやじ)とは複数の意味があり、実父の意味を持つ呼称、親しい店の経営者や職場の上長に対するくだけた呼称、単に他人の年配男性に対する呼称にも用いるものの、親父ギャグなど侮蔑や嘲笑の意味を含むことがある。現代での使用頻度は少ないが、北海道に生息するヒグマの俗称(山おやじ)や、江戸時代に廻船乗組員として船内作業に従事した奉公人を呼んだ。




「親父」の続きの解説一覧

親父

出典:『Wiktionary』 (2016/07/28 21:51 UTC 版)

名詞

(しんぷ、古くは「しんぶ」とも)

  1. 父親ちちおや

対義語

  • 親母

和語の漢字表記

  1. おやじ」の漢字表記


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「親父」の関連用語

親父のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



親父のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの親父 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの親父 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS