桜桃とは?

桜桃

読み方:おうとう

桜桃とは

桜桃(おうとう)はサクランボの別名であり、バラ科サクラ属サクラ亜属果樹、および、その果実を指す言葉である。桜桃とサクランボ違い基本的にはない。

中国語ではユスラウメを「桜桃(樱)」と呼ぶ。日本語ではユスラウメを「梅桃」とも言い、場合によっては「桜桃」と呼ぶこともある。

桜桃は夏の季語である。

桜桃の語源・由来

桜桃という言葉由来は明確になっているわけではないが、古来果物全般を「」と呼んでいたため「生る果物」という意味で「桜桃」と呼ばれるようになったという説がよく知られている。クルミを「胡桃」、アーモンドを「扁桃」、キウイを「彌」と書くのもこれに通じる。

サクランボ」は「桜ん坊」が音変化した語とされている。

おう‐とう〔アウタウ〕【桜桃】

バラ科サクラ属落葉小高木晩春より先に白い花をつけ、6月ごろ、球形紅色果実がなる。中国原産で、日本へは明治初期渡来みざくら。しなみざくら

食用になる桜ん坊また、その果実をつける種または品種総称セイヨウミザクラなど。《 実=夏 花=春》「―のこの美しきもの梅雨夜に/澄雄」

ユスラウメの別名。


さくらん‐ぼう〔‐バウ〕【桜ん坊/桜桃】

果実総称。特にセイヨウミザクラの実をいい、6月ごろ紅色黄色熟したものを食用とするほか、缶詰ジャムなどにする。おうとうさくらんぼ。 夏》


ゆすら‐うめ【梅桃/英桃/桜桃/山桃】

バラ科落葉低木。高さ約3メートル互生し、倒卵形で先がとがり、縁にぎざぎざがある。4月ごろ、より早く、白または淡紅色の5弁花が開く。実は丸く、6月ごろ赤く熟し食べられる中国原産で、庭などに植える。《 実=夏 花=春》「くちすすぐ古き井筒の―/久女」


さくらん‐ぼ【桜ん坊/桜桃】

さくらんぼう」に同じ。《 夏》「右往左往菓子器の―/虚子


桜桃

読み方:オウトウ(outou)

一種


桜桃

読み方:サクランボウ(sakuranbou)

サクラ果実総称


桜桃

作者太宰治

収載図書昭和文学全集 第5巻
出版社小学館
刊行年月1986.12

収載図書太宰治小説
出版社岩波書店
刊行年月1988.6

収載図書日本短篇
出版社文芸春秋
刊行年月1989.3

収載図書人間失格・桜桃 〔改編
出版社角川書店
刊行年月1989.4
シリーズ名角川文庫

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1990.10

収載図書ちくま日本文学全集 004 太宰治
出版社筑摩書房
刊行年月1991.3

収載図書短編愉楽 3 近代小説のなかの家族
出版社有精堂出版
刊行年月1991.8

収載図書近代日本短編小説
出版社近代文芸社
刊行年月1992.3

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書戦後短篇小説選―「世界」1946-1999 1
出版社岩波書店
刊行年月2000.1

収載図書人間失格 桜桃 グッド・バイ
出版社小学館
刊行年月2000.7
シリーズ名小学館文庫

収載図書斜陽人間失格・桜桃・走れメロス 外七篇
出版社文芸春秋
刊行年月2000.10
シリーズ名文春文庫

収載図書人間失格
出版社日本図書センター
刊行年月2002.3
シリーズ名太宰治文学館

収載図書日常のなかの危機 新装
出版社學藝書林
刊行年月2003.5
シリーズ名全集 現代文学発見

収載図書走れメロス
出版社フロンティアニセン
刊行年月2005.3
シリーズ名第2刷 (フロンティア文庫)

収載図書太宰治/檀一雄
出版社新学社
刊行年月2005.4
シリーズ名新学社近代浪漫文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治―全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10

収載図書ヴィヨンの妻・桜桃・他八篇 改版
出版社岩波書店
刊行年月2007.4
シリーズ名岩波文庫

収載図書人間失格・桜桃 改版 新装
出版社角川書店
刊行年月2007.6
シリーズ名角川文庫

収載図書くだものだもの
出版社ランダムハウス講談社
刊行年月2007.9

収載図書太宰治
出版社筑摩書房
刊行年月2008.1
シリーズ名ちくま日本文学


桜桃

作者山口瞳

収載図書梔子(くちなし)の花
出版社新潮社
刊行年月1987.5
シリーズ名男性自身シリーズ

収載図書梔子の花
出版社新潮社
刊行年月1995.5
シリーズ名新潮文庫


桜桃

作者森内俊雄

収載図書桜桃
出版社新潮社
刊行年月1994.1


ゆすらうめ (桜桃)

Prunus tomentosa

Prunus tomentosa

Prunus tomentosa

Prunus tomentosa

Prunus tomentosa

中国北部原産です。わが国へは江戸時代中頃渡来しました。3月から4月ごろ、白色または淡紅色の5弁花を咲かせます。6月には果実真っ赤に熟し生食または果実酒にします。漢方では「山桜桃」と呼ばれ、消化促進便秘利尿効果があるとされます。
バラ科サクラ属落葉低木で、学名Prunus tomentosa。英名は Nanking cherry
バラのほかの用語一覧
サクラ:  枝垂れ桜  染井吉野    桜桃    橉木  江戸彼岸

桜桃

読み方:オウトウ(outou)

バラ科園芸植物


桜桃

読み方:ユスラ(yusura)

バラ科落葉低木薬用植物

学名 Prunus tomentosa


桜桃

読み方:オウトウ(outou)

サクラ変種

季節

分類 植物


桜桃

読み方:オウトウ(outou)

作者 太宰治

初出 昭和23年

ジャンル 小説


サクランボ

(桜桃 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 16:33 UTC 版)

サクランボまたは桜桃(おうとう)は、バラ科サクラ属サクラ亜属の果樹であるミザクラ(実桜)類の果実。食用。


  1. ^ プリニウス 博物誌 Book XV Section XXX.
  2. ^ a b 21世紀研究会編著 『食の世界地図』 文藝春秋文春新書〉、2004年、141頁。ISBN 4-16-660378-7 
  3. ^ Huxley, A., ed. (1992). New RHS Dictionary of Gardening. Macmillan ISBN 0-333-47494-5.
  4. ^ Candolle, A. de (1882). Origine des plantes cultivées. Geneva.
  5. ^ 加納喜光, 鈴木千春、「埤雅の研究・其十 釈木篇(2)」 『茨城大学人文学部紀要』 人文コミュニケーション学科論集 Vol.1 p.178-194, hdl:10109/427
  6. ^ 中國哲學書電子化計劃 月令
  7. ^ a b サクランボ -- 梅雨の季節の爽やかな味わい (PDF)”. 筑波大学学生部. p. 11 (2006年). 2012年6月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月16日閲覧。
  8. ^ サクランボ”. JA南アルプス市. 2020年7月30日閲覧。
  9. ^ “<平成-令和・次代へつなぐ>赤い宝石 より進化”. 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS. (2019年5月5日). https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201905/20190505_53029.html 2019年8月6日閲覧。 
  10. ^ デジタル大辞泉プラス. “天香錦” (日本語). コトバンク. 2021年1月3日閲覧。
  11. ^ 黄色いさくらんぼの品種、月山錦(がっさんにしき) - 旬の食材百科HP
  12. ^ Asociacion de Exportadores de Chile A.G.[リンク切れ] World Sweet Cherry Review 2006 Edition (PDF 898K)
  13. ^ 太宰が生きたまち・三鷹三鷹市 2020年2月1日閲覧 (参考文献:桂英澄)


「サクランボ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桜桃」の関連用語

桜桃のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桜桃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサクランボ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS