果糖とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 化合物 > > 果糖の意味・解説 

か‐とう〔クワタウ〕【果糖】

読み方:かとう

果実蜂蜜(はちみつ)などに含まれる単糖類ぶどう糖結合する蔗糖(しょとう)となる。甘み糖類中最高。左旋性があるので、左旋糖・レブロースともいう。分子式C6H12O6 D-フルクトース


フルクトース

分子式C6H12O6
その他の名称果糖、レブゲン、ラエボサン、ラエボラル、レブロース、フルクトステリル、Levugen、Laevoral、Laevosan、Levulose、D-Fructose、Fruit sugar、Fructosteril、Fructose、フルクトース、(3S,4R,5R)-1,3,4,5,6-Pentahydroxy-2-hexanone、D-arabino-2-Hexulose、フルクトン、Furucton、arabino-Hexulose
体系名:(3S,4R,5R)-1,3,4,5,6-ペンタヒドロキシヘキサン-2-オン、D-フルクトース、(3S,4R,5R)-1,3,4,5,6-ペンタヒドロキシ-2-ヘキサノン、D-arabino-2-ヘキスロース


果糖

英訳・(英)同義/類義語:fructose, fruit sugar

六炭糖グルコース異性体。C6H12O6
「生物学用語辞典」の他の用語
化合物名や化合物に関係する事項:  放出ホルモン  放射能  有機化合物  果糖  染料  核酸  植物ホルモン

果糖

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


フルクトース

(果糖 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/22 06:22 UTC 版)

フルクトース (fructose)、または果糖(かとう、fruit sugar)は、の一種であり、単糖の一つで、三文字表記はFruである。水溶性の白色の結晶であり、全ての糖の中で最も多く水に溶ける[3][4]。フルクトースは、ハチミツ、木に成る果実ベリー類、メロン、ある種の根菜に多量に含まれている。毎年240,000トンの結晶フルクトースが合成されている[5]


  1. ^ Levulose comes from the Latin word laevus, levo, "left side", levulose is the old word for the most occurring isomer of fructose. D-fructose rotate plane-polarised light to the left, hence the name.[1].
  2. ^ Fructose - Merriam Webster dictionary
  3. ^ Hyvonen, L., & Koivistoinen, P (1982). “Fructose in Food Systems”. In Birch, G.G. & Parker, K.J. Nutritive Sweeteners. London & New Jersey: Applied Science Publishers. pp. 133–144. ISBN 0-85334-997-5 
  4. ^ 20°Cでの溶解度は375.0 g/100g H2O、40°Cでは538.0 g/100g H2Oである。
  5. ^ Wolfgang Wach "Fructose" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry 2004, Wiley-VCH, Weinheim.doi:10.1002/14356007.a12_047.pub2
  6. ^ Fruton, J.S. Molecules of Life 1972, Wiley-Interscience
  7. ^ フルクトース(果糖)の構造”. 2011年4月12日閲覧。
  8. ^ McWilliams, Margaret. Foods: Experimental Perspectives, 4th Edition. ISBN 0130212822 
  9. ^ Keusch, P. “Yeast and Sugar- the Chemistry must be right”. 2011年4月12日閲覧。
  10. ^ a b McPherson JD, Shilton BH, Walton DJ (March 1988). “Role of fructose in glycation and cross-linking of proteins”. Biochemistry 27 (6): 1901–7. doi:10.1021/bi00406a016. PMID 3132203. 
  11. ^ Dills, WL (1993). “Protein fructosylation: Fructose and the Maillard reaction”. Journal of Clinical Nutrition 58: 779–787. 
  12. ^ Huber, G. W.; Iborra, S.; Corma, A. Chem. Rev. 2006, 106, 4044 - 4098. doi:10.1021/cr068360d
  13. ^ a b Fructose in our diet: http://www.medbio.info/Horn/Time%201-2/carbohydrate_metabolism.htm last visited 2008-12-28
  14. ^ a b Hanover, LM; White, JS (1993). “Manufacturing, composition, and application of fructose”. Journal of Clinical Nutrition 58: 724s-732. 
  15. ^ Oregon State University. "Sugar Sweetness". Last accessed May 5, 2008. http://food.oregonstate.edu/sugar/sweet.html アーカイブ 2008年5月16日 - ウェイバックマシン
  16. ^ JAMA 2013 Jan 2; 309:63.
  17. ^ “クスリ”としての砂糖”. 独立行政法人農畜産業振興機構. 2017年7月8日閲覧。
  18. ^ 砂糖及びでん粉の価格調整に関する法律 - e-Gov法令検索
  19. ^ 山内俊一「糖質ー特にフルクトースに関してー」『痛風と核酸代謝』第34巻第2号、日本痛風・核酸代謝学会、2010年、 219-、 doi:10.6032/gnam.34.219
  20. ^ Jang, Cholsoon; Hui, Sheng; Lu, Wenyun; Cowan, Alexis J.; Morscher, Raphael J.; Lee, Gina; Liu, Wei; Tesz, Gregory J. et al. (2018-2). “The Small Intestine Converts Dietary Fructose into Glucose and Organic Acids” (英語). Cell Metabolism 27 (2): 351–361.e3. doi:10.1016/j.cmet.2017.12.016. https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1550413117307295. 
  21. ^ 高橋隆一 [解説]高カロリー輸液施行中に認められるアシドーシス


「フルクトース」の続きの解説一覧

果糖

出典:『Wiktionary』 (2021/10/07 15:57 UTC 版)

名詞

かとう

  1. (化学物質, 生化学) 果実蜂蜜含まれる単糖類一種別名フルクトース

翻訳


「果糖」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



果糖と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

果糖のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



果糖のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2022 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフルクトース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの果糖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS