プシコースとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > プシコースの意味・解説 

プシコース

別表記:D-プシコース
英語:psicose

いわゆる希少糖」の一種とされる六炭糖一種。プシコースはフルクトース果糖)の立体異性体であり、何森健らによるD-タガトース3-エピメラーゼ発見によって、フルクトース原料とした大量生産実現した。プシコースはシロップなどとして市販されており、甘味があるのにカロリーがほぼゼロであることなどから、「夢の糖」と呼ばれることもある。プシコースは、他の希少糖生産するための原料としても用いられている。

プシコース【psicose】

単糖類の一。無色シロップ状。ケトン基をもつケトースであり、その構造からヘキソース分類される。D-プシコースは、天然での存在量がきわめて少な希少糖一種甘味砂糖の7割程度あるが、体内ではエネルギーとしてほとんど利用されず、カロリー制限模倣物質としての開発が進められている。


プシコース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 00:32 UTC 版)

D-プシコースD-psicose、Psi、D-alluloseD-ribo-2-hexulose)は、六炭糖およびケトースに分類される単糖の一種。D-フルクトースの3位のエピマーである。名称はプシコースの初期の名称であるpseudo-fructoseの略記法であるΨ-fructoseから来ている[2]。アルロースとも呼ばれる[3]




  1. ^ 東京化成工業. “D-Psicose”. 2010年8月13日閲覧。
  2. ^ 国際希少糖学会. “Allulose-psicose nomenclature usage”. 2015年1月30日閲覧。
  3. ^ 高峰啓 ほか、「アルカリ異性化を用いた希少糖含有シロップの製造方法および生理活性に関する検討」 応用糖質科学 : 日本応用糖質科学会誌 6(1), 37-42, 2016, NAID 110010048533
  4. ^ Matsuo, T.; Suzuki, H.; Hashiguchi, M.; Izumori, K. (2002). “D-psicose is a rare sugar that provides no energy to growing rats”. J. Nutr. Sci. Vitaminol.(Tokyo) 48 (1): 77-80. PMID 12026195. 
  5. ^ Izumori, K. (2002). “Bioproduction strategies for rare hexose sugars”. Naturwissenschaften 89 (3): 120-124. doi:10.1007/s00114-002-0297-z. http://www.springerlink.com/content/5nc5unwk10fhlumw/. 
  6. ^ D10-3 生物・化学的手法によるL-ラムノースからの1-デオキシD-プシコースの生産(発酵生理学・発酵工学,一般講演) 日本生物工学会大会講演要旨集 平成19年度, 108, 2007-08-02]
  7. ^ 食品製造過程における希少糖プシコースの生成 香川県産業技術センター研究報告 10号, p.56-58(2010-06)
  8. ^ ズイナ”. 香川大学希少糖研究センター. 2014年6月8日閲覧。
  9. ^ Matheson, Norman K and Myers, David K (1998). “Inhibition of germination by glucose analogues that are hexokinase substrates”. Phytochemistry 48 (2): 241-248. 
  10. ^ Matsuo, T.; Izumori, K. (2006). “Effects of dietary D-psicose on diurnal variation in plasma glucose and insulin concentrations of rats”. Biosci. Biotechnol. Biochem. 70 (9): 2081-2085. doi:10.1271/bbb.60036. 
  11. ^ Murao, K.; Yu, X.; Cao, W. M.; Imachi, H.; Chen, K.; Muraoka, T.; Kitanaka, N.; Li, J.; Ahmed, R. A.; Matsumoto, K.; Nishiuchi, T.; Tokuda, M.; Ishida, T. (2007). “D-Psicose inhibits the expression of MCP-1 induced by high-glucose stimulation in HUVECs”. Life Sci. 81 (7): 592-599. doi:10.1016/j.lfs.2007.06.019. 
  12. ^ 松尾達博:ラットにおけるD-プシコースの血糖値上昇抑制作用 日本栄養・食糧学会誌 Vol.59 (2006) No.2 P119-121
  13. ^ 異性化糖食で飼育したラットの体脂肪蓄積に対するD-プシコースの作用 日本食品科学工学会誌 Vol.57 (2010) No.6 P263-267
  14. ^ 徳田雅明, 希少糖D-プシコースによる動脈硬化・肥満の防止, 香川大学, http://www.kagawa-u.ac.jp/ccip/images/2-02/ME-11-002.pdf 
  15. ^ 松尾達博, 路暢 (2012). “D-プシコースの食後血糖値上昇抑制作用は加熱調理によって阻害される”. 香川大学農学部学術報告 64: 31-34. http://shark.lib.kagawa-u.ac.jp/kuir/file/27419/20121012142155/AN00038339_64_31_34.pdf. 
  16. ^ Sato, Masashi and Kurose, Hiroyuki and Yamasaki, Toru and Izumori, Ken (2008). “Potential anthelmintic: d-psicose inhibits motility, growth and reproductive maturity of L1 larvae of Caenorhabditis elegans”. Journal of natural medicines 62 (2): 244-246. doi:10.1007/s11418-007-0220-1. 


「プシコース」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プシコース」の関連用語

1
D‐プシコース 化学物質辞書
92% |||||

2
L‐プシコース 化学物質辞書
92% |||||

3
74% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||

7
74% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||


プシコースのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



プシコースのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプシコース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS