供用とは? わかりやすく解説

きょう‐よう【供用】

読み方:きょうよう

[名](スル)多くの人使用のために提供すること。使用充てること。「国有地住民運動場として―する」


供用

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 17:59 UTC 版)

笹子トンネル (中央自動車道)」の記事における「供用」の解説

2010年度道路交通センサスによれば24時間交通量上下線合わせて40576台。 通常時トンネル内の制限速度時速70kmに規制されている。 速度制限傾斜とがあいまって速度低下しやすく、土日・祝日などには上り線10km以上の長い渋滞発生しやすい。また、東京方面に向かう上り線小仏トンネル先頭とする渋滞がこのトンネルまで伸びてくることもある。 かつて上り線において土日連休午後になると笹子トンネル手前甲府側)で車線規制を行うことがあった。これは、トンネル内の渋滞による追突事故危険やトンネル内部環境悪化懸念あったために意図的に笹子トンネルの手前で渋滞ポイント作ることによって、交通量絞り込みトンネル内に渋滞発生させない工夫であった2003年3月16日上野原IC大月IC間の上り線トンネル片側3車線かつ勾配抑制した新ルート切り替えたため、中野トンネル先頭とする渋滞解消しこれらの措置行われなくなったトンネル内ではAMラジオ放送再送信をしている。

※この「供用」の解説は、「笹子トンネル (中央自動車道)」の解説の一部です。
「供用」を含む「笹子トンネル (中央自動車道)」の記事については、「笹子トンネル (中央自動車道)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「供用」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「供用」の例文・使い方・用例・文例




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「供用」の関連用語

供用のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



供用のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの笹子トンネル (中央自動車道) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS