赤毛のアンとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 赤毛のアンの意味・解説 

赤毛のアン

原題:Anne of Green Gables
製作国:カナダ アメリカ 西ドイツ
製作年:1986
配給:松竹富士
スタッフ
監督:Kevin Sullivan ケヴィン・サリヴァン
製作:Kevin Sullivan ケヴィン・サリヴァン

Ian McDougall イアン・マクドゥゲル
製作総指揮:Kevin Sullivan ケヴィン・サリヴァン
原作:Lucy Maud Montgomery ルーシー・モード・モンゴメリー
脚本:Kevin Sullivan ケヴィン・サリヴァン

Joe Wisenfeld ジョー・ワイゼンフェルド
撮影:Rene Ohashi ルネ・オーハシ
音楽:Hagood Hardy ハーグッド・ハーディ
字幕:細川直子 ホソカワナオコ
キャスト(役名
Megan Follows ミーガン・フォローズ (Ann Shirley
Colleen Dewhurst コリーン・デューハースト (Marilla Cuthbert
Richard Farnsworth リチャード・ファーンズワース (Matthew Cuthbert
Patricia Hamilton パトリシア・ハミルトン (Rachel
Schuyler Grant シュイラー・グラント (Diana
Jonathan Crombie ジョナサン・クロンビー (Gilbert
Charmion King  (Aunt Josephine
解説
ルーシー・モード・モンゴメリの『赤毛のアン』をTVムーヴィー化した作品劇場公開版。エグゼキュティヴ・プロデューサー・製作・監督・脚本ケヴィン・サリヴァン共同製作イアン・マクドゥゲル共同脚本ジョー・ワイゼンフェルド撮影ルネ・オーハシ音楽ハーグッド・ハーディ担当出演ミーガン・フォローズコリーン・デューハーストほか。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
カナダプリンス・エドワード島に住むマシュウリチャード・ファーンズワース)とマリラコリーン・デューハースト)の独身老兄妹は、農場の跡を継がせるべく、孤児院からやって来る男の子養子にしようと考えていた。しかしふたりの前に現われたのは赤毛少女アンミーガン・フォローズ)だった。兄妹は、おせっかいあけすけなレイチェル・リンドン夫人パトリシア・ハミルトン)や、同級生ギルバートジョナサン・クロンビー)に、赤毛をひやかされて癇癪爆発させたアンに手を焼くが、やがてふたりはこの少女自分たちの生活になくてはならない存在になっていることに気づくのだったある日アンは、親友ダイアナシュイラー・グラント)を誤って酔っ払わせ、彼女の母親バーリー夫人(ローズマリー・ランドクリフ)から絶交命じられるが、やがてそれは喉頭炎かかったダイアナの妹を看病助け誤解をとくことで、許されるのだったその頃アンは、ギルバートへのほのかな思い抱き始めるが、互いに競争心を募らせ、やがてふたりはクィーン学院入学し、恋心確認する。アン休暇で島に戻ってきたある日マシュウが死んだ。一人残されたマリラのために、アンは島に残って教師になるつもりであることを告げる。そしてそれを助けたのはギルバートだった。こうしてふたりの間には共に進むべき明るい道が広がるのだった

赤毛のアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 08:04 UTC 版)

赤毛のアン』(あかげのアン、原題: Anne of Green Gables)は、カナダ作家L・M・モンゴメリ1908年に発表した長編小説。特に児童を対象に書かれた作品ではないが、この数十年は児童文学とみなされている。原題のグリーンゲイブルズ (Green Gables) はアンが住むことになるカスバート家の屋号であり、直訳すると、「緑の切妻屋根[4]という意味になる。


  1. ^ Devereux, Cecily Margaret (2004). A Note on the Text. In Montgomery (2004), p.42. ISBN 9781551113623. http://books.google.com.au/books?id=9kpgvRjMlNMC&pg=PA42. 
  2. ^ Montgomery, Lucy Maud (2004) [1908]. Devereux, Cecily Margaret. ed. Anne of Green Gables. Peterborough, Ontario: Broadview Press. ISBN 1-55111-362-7. 
  3. ^ 'Anne of Green Gables' 1st edition sells at auction for US$37,000, a new record, "The Guardian", December 12, 2009
  4. ^ 「赤の補色である緑をイメージしたタイトルであるのも、その鮮やかな色彩の対照を意識させる(堀啓子『日本ミステリー小説史』2015年中公新書p.143)。
  5. ^ 刊行百周年を機に読み直す『赤毛のアン』赤松佳子、奈良女子大学文学部研究教育年報 6, 37-46, 2009-12-31
  6. ^ モンゴメリの日記(八) - 友の死…『日記抄』一九一九年ニ月七日をもとに 竹内 素子/伊澤 祐子/藤掛 由実子, 仙台電波工業高等専門学校/宮城学院女子大学/東北大学非常勤講師
  7. ^ 村岡恵理編『花子とアンへの道』(新潮社 2014年)「『赤毛のアン』誕生!ペンと共に生きた75年」によれば、村岡は他に『夢みる少女』とかも考えていた。
  8. ^ 第313回「赤毛のアン」の名付け親「小池喜孝」の本 - 山下敏明さんのあんな本、こんな本 なお、小池はその後、三笠書房を辞し、北海道北見北斗高等学校へ社会科教諭として赴任した。
  9. ^ 小池の提案は原稿が印刷所に回される前夜だったため、花子のこの翻意が1日遅ければ、邦題は『窓辺に倚る少女』となっていた可能性があった。(村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』マガジンハウス、2008年ISBN 978-4-8387-1872-6
  10. ^ 雑誌『少女の友』の昭和15年(1940年)2月号で紹介されたイギリスの画家、ラルフ・ピーコックの『エセル』と題した人物画。
  11. ^ 村岡恵理『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』マガジンハウス、2008年ISBN 978-4-8387-1872-6
  12. ^ カナダ人もびっくり! イタリアに『赤毛のアン』を広めたのは日本だった!
  13. ^ 訳者である村岡花子と歌人・柳原白蓮との間柄を表す際にも用いられている。
  14. ^ a b 2008年に行われた村岡美枝による改訂・補訳の際にも「異なる文化の二つの言語の奥にある心情の共通点をすくいあげて選んだこの言葉は残したい」としてあえて直さなかったとされる。出版翻訳家 村岡美枝さん「贈ることで心が伝わる、それが本。子どもたちに、そんな本を届けたい(後編)”. フェロー・アカデミー (2014年4月10日). 2015年2月22日閲覧。
  15. ^ 花子の(養女)・みどりの実娘であるため、実際は大姪に当たる。
  16. ^ “Netflix「赤毛のアン」をドラマ化、「ブレイキング・バッド」脚本家が参加”. 映画ナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/eiga/news/199187 2016年8月26日閲覧。 
  17. ^ 「赤毛のアン」アン・シャーリー役に上白石萌歌、昨年の姉からバトンタッチ”. ステージナタリー (2016年2月29日). 2016年2月29日閲覧。
  18. ^ “美山加恋、ミュージカル『赤毛のアン』主人公・アン役に決定!”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年3月1日). http://www.crank-in.net/entertainment/news/48547 2017年3月1日閲覧。 
  19. ^ 公式サイト
  20. ^ 赤毛のアン事件知財高裁平成17(行ケ)10349号 平成18年9月20日判決(四部)<棄却> 〔特許ニュース2006年10月27日号〕
  21. ^ 審決取消請求事件平成17(行ケ)10349  平成18年9月20日  知的財産高等裁判所
  22. ^ 著作物の題号と同一構成の商標が公序良俗に反し無効とされた事例-Anne of Green Gables事件松原洋平、知的財産法政策研究15号、北海道大学、2007
  23. ^ 熊井明子「花子・アン・シェイクスピア」村岡恵理監修『KAWADE夢ムック 文藝別冊 総特集 村岡花子』河出書房新社、2014年ISBN 978-4-309-97824-6




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「赤毛のアン」の関連用語

赤毛のアンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



赤毛のアンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの赤毛のアン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS