逝くとは?

ゆ・く【行く/逝く/往く】

[動カ五(四)]

向こう移動する。「はやく―・け」

目的地へ向かって進む。「学校へ―・く」

歩く。歩いて進む。「悪路を―・く」

通り過ぎる。「沖を―・く船」

年月経過する。「―・く秋を惜しむ」

流れる。「―・く水のごとく」

(逝く)死ぬ。「君―・きて三年

物事がはかどる。「うまく―・かない」

物事をする。「前の方法で―・くことにする」

10 気持ちが十分満足する。「納得が―・く」

11 年をとる。成長する。「年の―・かない子供

12 嫁に行く。とつぐ。「末娘も嫁に―・く年ごろになった」

13 (「いく」の形で)俗に性交時の快感絶頂達する。

14補助動詞動作継続進行の意を表す。「やせて―・く」

[可能] ゆける

[補説] 「いく」の語形上代からみられ、平安時代以降は「ゆく」と併用される。「ゆく」「いく」はほとんど意味は同じであるが、古くは「ゆく」のほうがより広く使われ、特に訓点資料和歌(「生く」との掛け詞場合を除き)では、ほとんどすべてが「ゆく」である。現在では「ゆく」に比べて「いく」のほうが話し言葉的な感じをもち、したがって、「過ぎ行く」「散り行く」など、文章語的な語の場合には「ゆく」となるのが普通である。なお、「ゆきて」のイ音便形「ゆいて」も用いられたが、現在は一般的でなく、促音便形は「ゆく」のほうは用いられず、「いく」を用いて「いって」「いった」となる。

[下接句] 後(あと)へも先へも行かぬ・裏の裏を行く・地(じ)で行く・千万といえども吾(われ)往(ゆ)かん・天馬空を行く得心が行く年が行く・捗(はか)が行く・人の一生重荷を負うて遠き道を行くが如(ごと)し・一筋縄では行かない目が行く


逝く

作者飯尾憲士

収載図書遺稿毒笑
出版社集英社
刊行年月2004.12


逝く

作者藤本

収載図書島の贈物作品集
出版社クレ書店
刊行年月2007.11


逝く

出典:『Wiktionary』 (2015/04/09 16:23 UTC 版)

漢字混じり表記

逝 く(いく、ゆく)

  1. 人が死ぬこと。詳細いく 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「逝く」の関連用語

逝くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



逝くの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの逝く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS