六甲とは?

六甲

読み方:ロッコウ(rokkou)

所在 兵庫県(阪急電鉄神戸本線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

六甲山

(六甲 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 13:49 UTC 版)

六甲山(ろっこうさん)は、兵庫県南東部、神戸市の市街地の西から北にかけて位置する山塊瀬戸内海国立公園の区域に指定されており、また日本三百名山ふるさと兵庫50山の一つでもある。




  1. ^ 神戸新聞社 六甲山小学校でストーブの火入れ式、2002年10月23日(2003年2月26日時点のアーカイブ
  2. ^ 地震調査研究推進本部 六甲・淡路島断層帯の長期評価について、2005/1/12
  3. ^ 地震調査研究推進本部 有馬-高槻断層帯の評価、2001/6/13
  4. ^ 前田保夫・神戸市教育委員会 六甲山はどうしてできたか 2章六甲山の上昇に負けなかった川、1989/3/31
  5. ^ 六甲山自然案内人の会「六甲山花百選」、2006年
  6. ^ 国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所 六甲山の土砂災害対策、作成日不明、2007年10月24日時点のデータ
  7. ^ 国土交通省近畿地方整備局六甲砂防事務所 昭和42年 7月豪雨、作成日不明、2007年10月24日時点のデータ
  8. ^ 竹中靖一著『六甲』(朋文堂、1933年)
  9. ^ 「学生社刊『西宮神社』p53」
  10. ^ 歴史と伝統の六甲(2007年11月9日時点のアーカイブ
  11. ^ 神戸市「六甲山森林整備戦略」六甲山の歴史と現状 P.5-6
  12. ^ 「牧野富太郎選集」1より
  13. ^ 神戸市「六甲山森林整備戦略」六甲山の歴史と現状 P.5-10
  14. ^ 神戸大学新聞記事文庫 六甲越鉄道の奪合いで阪急阪神両電鉄の鞘当
  15. ^ 神戸大学新聞記事文庫 六甲の新ドライヴウエイにバス経営を競願
  16. ^ 神戸大学新聞記事文庫 市の背山一帯を理想的の大公園と化する
  17. ^ 逸翁の愛した六甲山
  18. ^ 『山と高原地図 51六甲・摩耶・有馬』1994年版小冊子p.12『登山史』、調査執筆:赤松滋
  19. ^ 加藤文太郎記念図書館に、加藤自身のRCC会員証が保存されている。
  20. ^ 資料により32kmとするものもある
  21. ^ 幕末の不運「徳川道」 <資料提供> 神戸市土木局 公園緑地部施設課 森林整備事務所 https://www.hontaka.jp/feature/letter/05.html
  22. ^ 神戸市灘区 みち http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/nada/miryoku/hyakusen/contents/frame_09.html
  23. ^ 山と高原地図より距離測定
  24. ^ 六甲山系における遭難事故分布マップの公開について:日本山岳サーチ・アンド・レスキュー研究機構
  25. ^ 神戸新聞はてな探偵団 神戸の夜景は1千万ドル?(2006年11月8日時点のアーカイブ
  26. ^ 登山コース上に勝手に矢印 迷うハイカー続出 六甲山系 朝日新聞 2009年6月11日(2009年6月14日時点のアーカイブ
  27. ^ 憤懣本舗「六甲山に"悪意の道しるべ"」 MBSニュース 2009年6月15日[リンク切れ]







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「六甲」の関連用語

六甲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

徳川家達

夜間前方歩行者情報提供装置

マダイ

豊川孝弘

花竹

草加せんべい醤油のかおり

サメハダヤドカリ

MA65T/T





六甲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの六甲山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS