下ネタとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 下ネタの意味・解説 

下ネタ

読み方:しもネタ

に関する話題、または大小便に関する話題などを指す語。

しも‐ねた【下ねた】

読み方:しもねた

《「しも」は下半身の意。「ねた」は「たね(種)」を逆さ読みにした語》性や排泄に関する話題


下ネタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/18 09:51 UTC 版)

下ネタ(しもネタ)は、笑いを誘う排泄性的な話題のこと。寄席における符牒のひとつであったが、テレビ業界で用いられるようになってから一般化した。「下がかった話」などともいう。現在ではもっぱら艶笑話について用いられ、必ずしも笑いを伴わない猥談や露骨に性的な話(エロネタ、エッチネタ)を指すこともある。下は人間の下半身と「下品」のダブル・ミーニング[要出典]ネタは「(話の)タネ」を意味する。


  1. ^ 同じ日本テレビ系で放送されていた番組対抗特番スーパークイズスペシャルでは、世界のアナウンサー早押しクイズで『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』チームとして出ていた山城新伍は下ネタを含んだ回答を言って、当時の司会者でもある逸見政孝に突っ込まれることがあった。


「下ネタ」の続きの解説一覧

下ネタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 09:59 UTC 版)

アメリカン・ダッド」の記事における「下ネタ」の解説

この番組多用されるユーモアの中には下品なものもあり、視聴者に強い不快感与えたりショックを与えることがある制作者たちは、嘲笑侮辱結びついた笑いは、この番組面白くするのにもってこいである話している。。例え第9シーズンの "Can I Be Frank With You"では、看護師ロジャー体内注入するために彼の臀部手を入れ場面があり、彼の肛門/直腸生きたネコ住み着いているのが見つかったロジャーマッサージを受けるために、ネコおとなしくさせたうえで体の外に出したまた、"en:The Scarlett Getter" という回スティーブが姉のパンティー身に着けているときに幸運起こるという内容になっているこのような下ネタの中には近親相姦想起させるものもある。これまでにスタン自分の子供たちの前で尻を見せただけでなく、触らせたこともあった 。"Great Space Roaster,"という回で、スタンスティーブに「スティーブちょこっとだけ見るってのは無しだぞ。もしこの中にあるそいつを見たかったら別にいいんだぜ。俺はお前の父親だからな。」と話している。"Why Can't We Be Friends?" という回で、スタン叱られスティーブがそっぽを向いて歩き去ろうとした際、スタンスティーブの尻に見入っていた。また、"en:Pulling Double Booty"という回ヘイリー自分の遺伝子上の父親にあたる男性性交したフランシーンその男性をスタン見間違え、不快そうにその場去ったスタンその人物が自分の影武者であるCIA職員ビルであることを明かした。だが、ビルヘイリー捨てた場合ヘイリービルを殺すだけでなく、ロジャー強姦した近所に迷惑をかけたることが予測された。4人で海岸出かけたとき、スタンビルに、フランシーン性的欲求について話しフランシーン性交したいという思いをそそらせた。その後スタンビル追い出しスタンビル成りすましてヘイリーとともにドライブ出かけたその際ヘイリー自分の実の父を口説こうとしていた。

※この「下ネタ」の解説は、「アメリカン・ダッド」の解説の一部です。
「下ネタ」を含む「アメリカン・ダッド」の記事については、「アメリカン・ダッド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「下ネタ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下ネタ」の関連用語

下ネタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下ネタのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下ネタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカン・ダッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS