エミラウ島の無血占領とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > エミラウ島の無血占領の意味・解説 

エミラウ島の無血占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 18:03 UTC 版)

エミラウ島の無血占領(エミラウとうのむけつせんりょう)とは、太平洋戦争での島嶼をめぐる戦闘の一つであり、ダグラス・マッカーサー陸軍大将が進めていた日本軍の主要基地の一つであるラバウルへの包囲網構築の最終戦として行われた。1944年(昭和19年)3月20日にエミラウ島アメリカ海兵隊が上陸したものの島に日本軍はおらず、負傷者1名を出したのみで無血占領という形により戦いは終わった。エミラウ島の確保によって連合軍は同島に航空基地を設営し、ラバウルとカビエンに対する包囲網を完成させた。このことにより、マッカーサー指揮下のニューギニア方面の連合軍はニューギニア島北岸への進撃を本格化させることとなった。


注釈

  1. ^ 「エルクトン」は、結婚手続きが手っ取り早くできるメリーランド州エルクトン英語版に由来する(#ニミッツ、ポッター p.197)。

出典

  1. ^ #ニミッツ、ポッター p.196
  2. ^ #Hayes pp.312-313
  3. ^ #Drea pp.104-105
  4. ^ #Hayes pp.554-556
  5. ^ #Hayes pp.558-559
  6. ^ #ポッター pp.422-423
  7. ^ a b #Miller p.380
  8. ^ a b c #ポッター p.429
  9. ^ #Rottman p.318
  10. ^ #Shaw, Kane p.519
  11. ^ #Morison p.423
  12. ^ #Dunbar
  13. ^ #Shaw, Kane p.521
  14. ^ a b c #Shaw, Kane p.522
  15. ^ #ポッター p.430
  16. ^ G-3 Journal, GHQ AFPAC 9 April 1944, "Emirau Operation - Operations of the Emirau Landing Force", NAA(Vic): B6121/3 99A
  17. ^ #ポッター p.431
  18. ^ #ポッター p.432
  19. ^ a b #戦史96 p.492
  20. ^ a b #Building pp.303-304
  21. ^ #Shaw, Kane p.523
  22. ^ #Lee p.524
  23. ^ #Long p.93
  24. ^ #Powell pp.132-133
  25. ^ #Shaw, Kane p.533
  26. ^ #Long p.201
  27. ^ #Building p.304
  28. ^ #Ross


「エミラウ島の無血占領」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エミラウ島の無血占領」の関連用語

エミラウ島の無血占領のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エミラウ島の無血占領のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエミラウ島の無血占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS