来栖三郎_(外交官)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 来栖三郎_(外交官)の意味・解説 

来栖三郎 (外交官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/18 19:13 UTC 版)

来栖 三郎(くるす さぶろう、1886年3月6日 - 1954年4月7日)は、日本外交官。駐ドイツ特命全権大使としてベルリン日独伊三国軍事同盟に調印。その後、特命全権大使としてアメリカ合衆国に派遣され、太平洋戦争直前の日米交渉にあたる。戦後GHQにより公職追放された。




  1. ^ 「来栖三郎関係文書」国会図書館
  2. ^ 「来栖三郎」『20世紀日本人名事典』」日外アソシエーツ(2004年刊)
  3. ^ 『官報』第5295号「叙任及辞令」1944年9月6日。
  4. ^ a b c d e f Unforgettable Alice Kurusu, Wife of a Diplomat Neal Henry Lawrence, "The Asiatic Society of Japan Bulletin No. 6", June 2000
  5. ^ Mitzie Verne Benjamin Rose Institute on Aging,December 2013
  6. ^ Jaye Kurusu MaddoxFind a Grave
  7. ^ Pia Kurusu and American HusbandChicago Tribune, Aug. 16, 1947
  8. ^ MilestonesTime, Aug. 25, 1947
  9. ^ 私が「星野大学」で学んだこと、私が星野仙一さんに伝えたかったこと - 文春オンライン


「来栖三郎 (外交官)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「来栖三郎_(外交官)」の関連用語

来栖三郎_(外交官)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



来栖三郎_(外交官)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの来栖三郎 (外交官) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS