ケーススタディとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > マネジメント用語 > ケーススタディの意味・解説 

ケーススタディー [5] 【case study】

一つ社会的単位個人家族集団・町など)を事例として取り上げ、その生活過程社会的文化的背景関連させながら詳細記述し、そこから一般法則を見いだしていく研究法。事例研究法ケース-メソッド

ケーススタディ

【英】:Case Study

トレーニング手法一つ。あるケース事例)を題材にして行う。

与えられたケースに対してどういう意思決定や行動をとるか、といった判断力を養うことが目的中心となるまた、一人ひとりが行うだけでなくディスカッション加えることで、判断視点共有化や広がり期待することができる。

経営レベルでの意思決定から最前線接客まで、「解が一つではなく判断力が重要なことについて有益な手法である。

ケーススタディー

(ケーススタディ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/24 18:19 UTC 版)

ケーススタディー: case study)は、日本語に訳すと事例研究となる。社会科学では、すべての事象を網羅することができない場合に一つまたは複数の事例を取り上げて、推論が当てはまっているか、傾向が確認できるかを確かめる。人文科学でも、すべての事象を網羅することができない場合に、一つまたは複数の事例を取り上げる。ある仮説が成り立たないことを示すには、反例一つでよいが、仮説が成り立つことを示す場合に、どれだけの事例を示せばよいかは対象領域の制約条件による。




「ケーススタディー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ケーススタディ」の関連用語

ケーススタディのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ケーススタディのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのケーススタディー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS