台風一過とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 自然 > > 台風一過の意味・解説 

台風一過

読み方:たいふういっか

台風一過(たいふういっか)とは、台風過ぎ去ること、特に台風が過ぎ去って晴天となることおよびその状態を指す言葉である。また比喩的に、騒動が収まって落ち着いた態となることにも用いる。

台風」は「颱風」の書き換えである。「颱風」は、中央気象台長だった岡田武松が、英語typhoon音訳命名した。「一過」はさっと過ぎ去ることである。

台風が過ぎ去ったあとに晴天となるのは、台風高気圧引き連れてくることや、台風エネルギーとして空気中の水蒸気吸収していくことが原因として挙げられる。ただし、台風のあと必ずしも好天恵まれるとは限らない

用例:「台風一過の晴天」「台風一過の町を歩く」「事件が過ぎ、台風一過の感がある」

また、台風北東抜け秋には、寒冷乾燥した空気を伴った移動性高気圧大陸から訪れ列島晴天におおわれることが多く、その模様を「台風一過の秋晴れ」という。

台風一家」は誤り

執筆稲川

たいふう‐いっか〔‐イツクワ〕【台風一過】

台風通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて騒動収まり晴れ晴れとすること。


台風一過

作者堀内貴和

収載図書僕が嘘をついた理由
出版社PHP研究所
刊行年月1990.10


台風一過

出典:『Wiktionary』 (2020/03/12 10:21 UTC 版)

名詞

   たいふういっか

  1. 台風過ぎた後によい天気になること。
  2. 転じて、事が治まって晴れ晴れすること。



台風一過と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「台風一過」の関連用語

台風一過のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



台風一過のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの台風一過 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS