後朝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 後朝 > 後朝の意味・解説 

きぬ ぎぬ 後朝

男女互いに衣を重ねて共寝した翌朝別れるときに身につけるそれぞれの衣服しののめのほがらほがらとあけゆけばおのが-なるぞかなしき古今 恋三
相会った男女一夜をともにした翌朝また、その朝別れごちょうこうちょう -の濡れて別れ東雲ぞ/宇津国譲上
夫婦離別この如くに-になるとても、たがひにあきあかれぬ中ぢやほどに/狂言記・箕かづき

こう ちょう -てう後朝

その翌朝明くる朝ごちょう
男女がともに寝た翌朝ごちょうきぬぎぬ -の心をよめる/金 恋上詞
[句項目] 後朝の使い

ご ちょう -てう後朝

こうちょう後朝

後朝

読み方:ごちょう

(1)後に訪れる朝。翌日の朝を意味する語。翌朝次の朝。
(2)男女が臥所を共にした夜の明け方。情を交わした次の朝。「きぬぎぬ」とも読む。

後朝

読み方:キヌギヌ(kinuginu)

男女互いに衣を重ねて共寝した翌朝別れるときに身につけるそれぞれの衣服


後朝

読み方:コウチョウ(kouchou)

男女共寝した翌朝


後朝

読み方:きぬぎぬ

  1. 男女初会したる翌朝の事をいふ。各起床して衣を着て別れるから名づけた。新古今集に「明けぬれどまだきぬぎぬになりやらで、人の袖をもぬらしつるかな」とある。〔情事語〕
  2. 朝の別れなり。
  3. 男女初会したる翌朝の事をいふ。各起床して衣を着て別れるから名づけた。新古今集に「明けぬれどまだきぬぎぬになりやらで。人の袖をもぬらしつるがな」とある。
  4. 男女共寝したあくる朝のこと。
  5. 男女交会した翌朝のこと。夜寝を共にした男女が、その翌朝各各己のキヌ(衣)を着て別れるの意。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



後朝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後朝」の関連用語

後朝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



後朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS