後朝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 後朝 > 後朝の意味・解説 

後朝

読み方:ごちょう

(1)後に訪れる朝。翌日の朝を意味する語。翌朝次の朝。
(2)男女が臥所を共にした夜の明け方。情を交わした次の朝。「きぬぎぬ」とも読む。

こう‐ちょう〔‐テウ〕【後朝】

その翌朝。あくる朝。ごちょう

「―、蔵人(くらんど)左衛門権佐(ごんのすけ)定長、太政入道宿所に参じて」〈盛衰記一三

男女共寝した翌朝きぬぎぬごちょう

「―の心を詠める」〈金・恋上〉


ご‐ちょう〔‐テウ〕【後朝】

こうちょう(後朝)」に同じ。

除目(ぢもく)の―には」〈今昔三一・二五〉


きぬ‐ぎぬ【衣/後朝】

衣を重ねて掛けて共寝をした男女が、翌朝別れるときそれぞれ身につける、その衣。

しののめのほがらほがら明けゆけばおのが―なるぞ悲しき」〈古今・恋三〉

男女共寝をして過ごした翌朝また、その朝別れ

「―になるとも聞かぬだにも明けゆくほどぞ声も惜しまぬ」〈新勅撰・恋三〉

男女夫婦離別

此の如くに、―になるとても、互ひに飽き飽かれぬ仲ぢゃほどに」〈狂言記箕被

物が離れ離れになること。

「首と胴との―」〈浮・伝来記・三〉


後朝

読み方:キヌギヌ(kinuginu)

男女互いに衣を重ねて共寝した翌朝別れるときに身につけるそれぞれの衣服


後朝

読み方:コウチョウ(kouchou)

男女共寝した翌朝


後朝

読み方:きぬぎぬ

  1. 男女初会したる翌朝の事をいふ。各起床して衣を着て別れるから名づけた。新古今集に「明けぬれどまだきぬぎぬになりやらで、人の袖をもぬらしつるかな」とある。〔情事語〕
  2. 朝の別れなり。
  3. 男女初会したる翌朝の事をいふ。各起床して衣を着て別れるから名づけた。新古今集に「明けぬれどまだきぬぎぬになりやらで。人の袖をもぬらしつるがな」とある。
  4. 男女共寝したあくる朝のこと。
  5. 男女交会した翌朝のこと。夜寝を共にした男女が、その翌朝各各己のキヌ(衣)を着て別れるの意。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



後朝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「後朝」の関連用語

後朝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



後朝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2021 Weblio RSS