こうちょうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > こうちょうの意味・解説 

公聴

読み方:こうちょう

公聴会(こうちょうかい)」といった表現などで使われる言葉。国や地方公共団体などが重要事項などを決定する場合に、専門家関係者などから意見を聞くこと。公聴会そのための会。

こう‐ちょう〔‐テウ〕【候鳥】

渡り鳥など、季節によって生息地変える。ふつう冬鳥をいう。《 秋》


こう‐ちょう〔‐チヤウ〕【公庁】

県・市などの役所

「―に訴えんとせり」〈中村訳・西国立志編


こう‐ちょう〔‐チヤウ〕【公聴】

行政機関などが、広く一般意見提案求めること。「公聴会


こう‐ちょう〔カウテウ〕【好調】

[名・形動物事調子・ぐあいなどがよいこと。物事思いどおりにうまくいくこと。また、そのさま。「好調の波に乗る」「好調な出足

[派生] こうちょうさ[名]


こう‐ちょう〔クワウチヤウ〕【広聴】

[名](スル)行政機関などが、広く一般の人の意見要望などを聞くこと。「県の広聴活動


こうちょう〔コウチヤウ〕【弘長】


こう‐ちょう〔‐テウ〕【後×凋/後彫】

《「論語」子罕の「歳寒くして、然る後松柏の凋(しぼ)むに後(おく)るるを知る」から》苦難に耐えて最後まで固く節操守ること。「―の心」


こう‐ちょう〔‐テウ〕【後朝】

その翌朝。あくる朝。ごちょう

「―、蔵人(くらんど)左衛門権佐(ごんのすけ)定長、太政入道宿所に参じて」〈盛衰記一三

男女共寝した翌朝きぬぎぬごちょう

「―の心を詠める」〈金・恋上〉


こう‐ちょう〔‐テウ〕【後趙】

中国五胡(ごこ)十六国の一。319年、羯(けつ)族の石勒(せきろく)が建国。都は鄴(ぎょう)。351年冉閔(ぜんびん)に滅ぼされた。ごちょう


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【更張】

[名](スル)ゆるんだ琴の糸などを張りなおすこと。転じて、ゆるんでいた物事引き締めて、盛んにすること。

風俗正し紀綱を―せんと欲する者」〈岡部五郎開化


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【校長】

小・中高等学校などで、校務統括し、所属職員監督する最高責任者


こう‐ちょう〔クワウテウ〕【皇朝】


こう‐ちょう〔カウテウ〕【硬調】

かたい調子であること。⇔軟調

写真原板印画で、明暗対照強くかたい感じであること。⇔軟調

取引市場で、買い人気強く値段の上昇する形勢にあること。


こう‐ちょう〔‐テウ〕【紅潮】

[名](スル)

顔に血が上って赤みを帯びること。「ほおを紅潮させる」

夕日朝日映えて、また赤潮などで、赤く見える海の波。


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【×絳帳】

赤い色のとばり。

後漢馬融が赤いとばりを垂れ、その前に弟子をおいて教えたという「後漢書馬融伝の中の故事から》師の席。学者居室


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【×腔腸】

クラゲ・サンゴ・イソギンチャクなどの、口に続く袋状の所。胃腸の働き循環器働きをする。


こう‐ちょう〔‐テウ〕【貢調】

みつぎもの奉ること。


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【高張】

ある溶液浸透圧が、他の溶液比べ大きいこと。⇔低張


こう‐ちょう〔カウテウ〕【高潮】

[名](スル)

潮が満ちて、海面が最も高くなった状態。満潮。⇔低潮

物事勢い調子極度にたかまること。また、そのたかまりの頂点絶頂。「選挙戦が高潮に達する」「気運が高潮する」「最高潮

[補説] 「たかしお」と読めば別語


こう‐ちょう〔カウチヤウ〕【高聴】

他人敬ってその人がきくことをいう語。清聴


こう‐ちょう〔カウテウ〕【高調】

[名](スル)

音の調子の高いこと。高い調子

漸く―に吟するを得たり」〈織田訳・花柳春話

調子気分がたかまること。「士気が高調する」

強く主張すること。強調

音楽的の美しさを―している」〈寅彦・浮世絵曲線


こう‐ちょう〔クワウテウ〕【黄鳥】


高潮(こうちょう)

満潮まんちょうhigh water

潮汐による海面昇降で、海面の高さが極大になった状態を高潮と呼ぶ。満潮ともいう。これに対して海面の高さが極小となった状態を低潮または干潮という。

甲長(こうちょう) carapace length

背甲長さウミガメ大きさを表す測定値としては最も一般的であるが、その計り方によって直標準甲長、曲標準甲長、直最小甲長、曲最小甲長等がある。日本では、直標準甲長、直最小甲長で測定することで合意している。 

こうちょう

出典:『Wiktionary』 (2017/12/07 14:51 UTC 版)

同音異義語

こうちょう




こうちょうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こうちょう」の関連用語

こうちょうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



こうちょうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
海洋情報研究センター海洋情報研究センター
Copyright (C) 1997-2020 Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Right Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこうちょう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS