奉るとは?

たい‐まつ・る【奉る】

[動ラ四]たてまつる」の音変化

「かぢとりして幣(ぬさ)—・らするに」〈土佐


たて‐まつ・る【奉る】

【一】[動ラ五(四)

「やる」「おくる」の、その対象敬っていう謙譲語上位の人に差し上げる。献上する。「貢ぎ物を—・る」

動作対象への敬意を失い、「やる」「おくる」をからかっていう。「あだ名を—・る」

形だけある地位に就けて、敬意を払ったことにする。祭り上げる。「会長に—・って口出しをさせない」

その動作を受ける人を主として尊敬語として用いる。

㋐「飲む」「食う」の尊敬語召し上がる

「壺なる御薬—・れ」〈竹取〉

㋑「着る」の尊敬語お召しになる。

「御袴着のこと、一の宮の—・りしに劣らず」〈源・桐壺

㋒「乗る」の尊敬語お乗りになる。「乗り給ふ」より敬意が強い。

女御殿、対の上一つに—・りたり」〈源・若菜下

補助動詞動詞連用形に付いて謙譲の意を添え、その動作の及ぶ相手を敬う。…申し上げる。…さしあげる。「御神体移し—・る」「よろしく願い—・ります」

【二】[動ラ下二【一】使役の意が加わったもの。一説に、四段「奉る」と同義とも》

人を通して差し上げる。差し上げさせる。

小さき人して—・れたれば」〈かげろふ・中〉

使いの者を参上させる。使い差し上げる。

惟光を—・れ給へり」〈源・若紫

[補説] 【二】は、未然形連用形用例しかないが、通常下二段認めている。


まつ・る【奉る】

[動ラ四]《「祭る」と同語源》

「やる」「おくる」の謙譲語尊者献上する。差し上げる。

秋つ葉ににほへる衣我は着じ君に—・らば夜も着るがね」〈二三〇四〉

(その動作を受ける尊者主として)「飲む」「食う」の尊敬語召し上がる

やすみしし我ご大君は平らけく長く坐(いま)して豊御酒(とよみき)—・る」〈続紀聖武歌謡

補助動詞謙譲の意を表す。…申し上げる。

「仏の御法護り—・り尊み—・るは」〈続紀宣命


たい‐まつ・る【奉】

〔他ラ四〕 (「たてまつる(奉)」の変化した語)

[一] さしあげる。献上する。

土左(935頃)承平五年一月六日「かぢとりしてぬさたいまつらするに」

[二] 補助動詞として用いる。動詞連用形に付く。その動作対象を敬う意を添え謙譲語。…(し)申しあげる。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「それにこの案内を語らひたいまつらんとて」


たて‐まつ・る【奉】

動詞「まつる(奉)」の上に、出発させる意の動詞「たてる(立)」の連用形「たて」の付いたもの

1 〔他ラ五(四)

[一]

下位者から上位者へ物などをおくる、ささげる意から、「やる」「おくる」動作対象を敬う謙譲語になったもの。

(イ) 物などをさしあげる。献上する。

古事記(712)上「恐(かしこ)し。此の国は、天つ神の御子に立奉(たてまつ)らむ」

(ロ) 特に、人をさしあげというところから、人を参上させる。使いさしあげる。

*竹取(9C末‐10C初)「汝が持ち侍るかぐや姫奉れ

② 「やる」の意味で、わざと敬語用いてからかい気味にいう。

田舎教師(1909)〈田山花袋一三かれ等が『般若』という綽名を奉(タテマツ)った小使が居た」

便宜上、ある地位にすえておく。敬意を表するまつりあげる

滑稽本七癖上戸(1810)上「能衆の女房御新造さまと奉られて」

貴人が身に受け入れたりつけたりする動作を、傍の人がしてさしあげるものとしていう尊敬語

(イ) 「飲む」「食う」の尊敬語召しあがる。

古事記(712)上・歌謡「股長に 寝(い)をし寝(な)せ 豊御酒(とよみき) 多弖麻都良(タテマツラ)せ」

(ロ) 衣服その他を、着たり身につけたりすることをいう尊敬語お召しになる。御着用になる。

伊勢物語(10C前)一六これやこのあまの羽衣むべしこそ君がみけしとたてまつりけれ」

宇津保(970‐999頃)吹上上「をりづるの文のさしぬき、〈略〉豹(へう)の皮の尻鞘(しざや)ある御佩刀(はかし)たてまつりて」

[二] 補助動詞として用いる。他の動詞に付いて、その動作下位から上位向けて行なわれることを示すところから、その動作対象を敬う謙譲表現作る

(イ) 動詞(または動詞使役受身の助動詞の付いたもの)に直接付く場合。…申しあげる。…してさしあげる。

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「我れ今是の経を聞きたてまつること、親り仏前にして受けたまはりぬ」

源氏100114頃)桐壺母君泣く泣く奏して、まかでさせたてまつ給ふ

(ロ) 特に、動詞「いる(率)」には助詞「て」を介して付き、「率てたてまつる」の形で、お連れ申しあげる、の意を表わす

源氏100114頃)桐壺右大弁の子のやうに思はせて、ゐてたてまつるに」

2 〔自ラ四〕 (貴人行動を、傍からその用意をするものとしていう尊敬語

① 「乗る」の尊敬語お乗りになる。お召しになる。

*竹取(9C末‐10C初)「みかど〈略〉帰らせ給ひける。御輿(こし)に奉りて後にかぐや姫に」

② 「(座に)つく」の尊敬語。おつきになる。御着座になる。

宇津保(970‐999頃)内侍督「右大将おりて入りたまふ。みなおましにたてまつりぬ」

3 〔他ラ下二〕 (未然連用形用例しかないが、下二段活用認められる

[一] (一)下二段活用化して使役性を持つようになったものか。物をさしあげさせたり、人を行かせたりする、その先方を敬う謙譲語一説(一)に同じとも。

(イ) 物などをさしあげさせる。人を通じてさしあげる、贈る。

後撰(951‐953頃)雑一・一〇八〇・詞書「まだ后になり給はざりける時〈略〉帝御曹司忍び立ち寄り給へりけるに、御対面はなくてたてまつれ給ひける」

(ロ) 人を参上させる。使いさしあげる。伺わせる。

大和(947‐957頃)二「うちより『少将中将これかれさぶらへ』とてたてまつれ給ひけれど」

[二] 補助動詞として用いる。他の動詞に付いて、その動作を…させ申しあげる意を添え、その動作対象を敬う。時に使役の意が薄れて、四段補助動詞たてまつる」と同用法かと思われるものもある。

宇津保(970‐999頃)藤原の君「さらば、ぬしの君の御もとに、おとどの御文を、ことのよし聞こえ奉れ給へ

[語誌](1)たてまつる」の「たて」については、出発させる意の「たつ(下二段)」で、物や人を他に至らせる意とする説のほか、「たつ(献)」で「ささげる」の意とする説、実質的な「立つ」で「たてまつる」は「立てて献上する」意であるとする説などもある。
(2)上代ではまだ補助動詞用法現われず、また、尊敬語としての用例も「(酒を)飲む」意にほぼ限定されている。
(3)この語は、類義語「まゐらす」などの進出に伴い次第口頭語世界からは遠ざかった。
(4)(三)下二段活用中古中期文献見られ多くは「たてまつれ給ふ」の形で、貴人行為対す敬意を表わしている。


まつ・る【奉・献】

〔他ラ四〕 (「まつる(祭)」と同源

[一]

① 「やる(遣)」「おくる(送)」の謙譲語で、その動作対象を敬う。さしあげる。献上する。

古事記(712)中・歌謡「酒(くし)の司(かみ) 常世にいます 石立たす 少名御神の 〈略〉麻都理(マツリ)来(こ)し 御酒ぞ」

② (下位者のさし上げるものを上位者が用いるところから、直接上位者の動作表わすのに用いて飲食するのをいう尊敬語。めしあがる。

続日本紀天平一五年(743五月歌謡やすみしし 我(わ)ご大君は 平らけく 長く坐(いま)して 豊御酒(とよみき)麻都流(マツル)」

③ (尊敬語用法転用して) いやしめや、ののしり気持込めて、「する(為)」「言う」などの意にいう。

浮世草子御前義経記1700)六「あしくよって怪我まつるな」

[二] 補助動詞として用いる。他の動詞に付いて、その動作対象を敬う謙譲表現作る。…申しあげる。「つかえまつる」の形が多いが、これは一語化して用いられた。→つかえまつる

仏足石歌753頃)「釈迦御足跡(みあと) 石に写し置き 敬ひて 後の仏譲り麻都良(マツラ)む 捧げまうさむ」

[語誌](1)同じく謙譲補助動詞用法をもつ「たまふ」(下二段)との違いについて、「たまふ」は「…させていただく」の意であり、「まつる」は「…してさし上げる」の意であるという。
(2)(一)①の意から(二)補助動詞用法が生じることは「たてまつる」と同様である。補助動詞としてのたてまつる」は上代においては用例がほとんど見出されないが、平安時代以降は「まつる」が衰退して行きたてまつる」がもっぱら用いられるようになる。


奉る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/23 11:07 UTC 版)

和語の漢字表記

奉 る

  1. たてまつる参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奉る」の関連用語

奉るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奉るの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの奉る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS