仮想化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 仮想化の意味・解説 

仮想化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仮想化

読み方かそうか
別名:バーチャライゼーション
【英】virtualization

仮想化とは、コンピュータ構成において、物理的環境とは異な疑似的環境提供することである。または、そのため技術のことである。

例えば、サーバーについて仮想化を行えば、1台のサーバーマシン上で複数仮想サーバー運用したり、逆に複数のサーバーマシンを統合して1台のコンピュータ資源あるかのように動作することができる。仮想化によってサーバー統合を行えば、複数サーバー個別運用する場合比べて、コスト削減運用負荷軽減パフォーマンスの向上などが可能となる。

また、複数ディスクを1台のストレージとして扱うストレージ仮想化によって可用性高めることで、仮に1台のディスク障害発生しても、引き続きシステム運用したり、大切なデータ消失を防いだりすることができる。

代表的サーバー用の仮想化ソフトウェアとしては、VMwareXenなどがある。また、パソコン分野では、インテルCPU搭載したMacintoshWindowsを仮想化して稼働することが可能である。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/10 01:49 UTC 版)

仮想化英語: virtualization)とは、コンピュータリソース抽象化することである。「リソースの物理的特性を、そのリソースと相互作用するシステム/アプリケーション/エンドユーザーから隠蔽する技法。単一の物理リソース(サーバOS、アプリケーション、補助記憶装置など)を複数の論理リソースに見せかけたり、複数の物理リソース(複数の補助記憶装置群やサーバ群)を単一の論理リソースに見せかけたりできる」という実用的定義がある[1]。また、単一の物理リソースを何らかの特性の異なる単一の論理リソースに見せかけることもできる。そして、仮想回線により、幅が拡がる。




  1. ^ Mann, Andi, Virtualization 101, Enterprise Management Associates (EMA), http://www.emausa.com/ema_lead.php?ls=virtwpws0806&bs=virtwp0806 2007年10月29日閲覧。 
  2. ^ Examining VMware Dr. Dobb’s Journal August 2000 By Jason Nieh and Ozgur Can Leonard


「仮想化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想化」の関連用語

仮想化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮想化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ仮想化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS