仮想化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 仮想化の意味・解説 

仮想化

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

仮想化


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 10:01 UTC 版)

仮想化(かそうか、英語: virtualization)とは、コンピュータリソース抽象化することであり、ソフトウェアと物理的なハードウェアの間に抽象化されたレイヤーを提供することで、コンピュータリソースを管理するための様々な技術である。仮想化ソフトウェアを実行しているマシンは、さまざまなオペレーティングシステム(OS)で実行されているアプリケーションを管理できる。サーバー、ストレージデバイス、ネットワークリソースなどのハードウェアプラットフォームをソフトウェアで効果的にエミュレートまたはシミュレートする[1]。一言で言えば、WindowsなどのOS内で別のOSを使用すること。


  1. ^ a b Stallings, William,. Foundations of modern networking : SDN, NFV, QoE, IoT, and Cloud. Agboma, Florence,, Jelassi, Sofiene,. Indianapolis, Indiana. ISBN 978-0-13-417547-8. OCLC 927715441. https://www.worldcat.org/oclc/927715441 
  2. ^ Mann, Andi, Virtualization 101, Enterprise Management Associates (EMA), http://www.emausa.com/ema_lead.php?ls=virtwpws0806&bs=virtwp0806 2007年10月29日閲覧。 
  3. ^ Examining VMware Dr. Dobb’s Journal August 2000 By Jason Nieh and Ozgur Can Leonard



仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 09:39 UTC 版)

マイクロプログラム方式」の記事における「仮想化」の解説

マイクロプログラム方式プロセッサハードウェアの実装一般プログラマから見えるものとは違っていて、よりシンプルである。このシンプルなアーキテクチャマイクロアーキテクチャ上でプログラマ見せアーキテクチャエミュレートするマイクロプログラム実行される。このマイクロアーキテクチャプログラマ見えているアーキテクチャ固定的な関係である必要は全くない。これを利用すれば様々なマイクロアーキテクチャハードウェア上に任意のプログラマから見える)アーキテクチャ実装することができる。 例えば、IBMSystem/36032ビットアーキテクチャ16本の汎用レジスタを持っている。しかしSystem/360実際のハードウェアの実装ではもっと単純なマイクロアーキテクチャ実装されている。最も下位機種である360 Model 308ビットマイクロアーキテクチャハードウェアレジスタ少ない。プログラマ見ているものは全てマイクロプログラムエミュレートしたものである。より上位の機種16ビット32ビットマイクロアーキテクチャになっていて、プログラマから見えアーキテクチャ近くなっているため、より高速に動作できる。 この方法により、IBM様々なハードウェア使用してコスト性能勘案しバラエティ富んだSystem/360機種をそろえ、それらを全て命令セット互換することができるこれにより機種別書かなければならないシステムソフトウェアOSなど)を劇的に減らすことが出来る。 全く同じ方法DECVAXコンピュータファミリでも採用された下位機種では4ビットの2901ビットスライスプロセッサ膨大なマイクロコードとともに使用している上位機種では大きな浮動小数点数直接扱えるように128ビットデータパスを採用している。 マイクロプログラミングはプロセッサバグの修正容易にする多くのバグマイクロプログラム修正間に合いハードウェアロジック配線修正する必要がない

※この「仮想化」の解説は、「マイクロプログラム方式」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「マイクロプログラム方式」の記事については、「マイクロプログラム方式」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 10:09 UTC 版)

SPARC T3」の記事における「仮想化」の解説

以前T1T2、およびT2+プロセッサと同様に、T3超特権実モードサポートするT3は、最大128Oracle VM Server for SPARCドメイン以前は論理ドメイン呼ばれていた機能)をサポートする

※この「仮想化」の解説は、「SPARC T3」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「SPARC T3」の記事については、「SPARC T3」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 13:57 UTC 版)

PDP-8」の記事における「仮想化」の解説

PDP-8/Eとその後機種では、メモリ拡張コントローラは仮想化も可能なように拡張された。PDP-8の全リソースを使用するようなプログラム1台PDP-8上に複数並存でき、仮想機械マネージャ制御下動作可能だった。このマネージャは(メモリ拡張コントローラ操作も含む)全IO命令に対してトラップ可能である割り込み起こしてマネージャがそれを処理できる)。そのようにしてマネージャデータ命令フィールドマッピング制御でき、入出力他のデバイスリダイレクトできる。それぞれのゲストプログラムは、マネージャ提供する仮想機械」への完全なアクセスを持つ。 新たなIOT命令で、メモリ拡張コントローラのDF/IFレジスタ現在値読み出すことができ、トラップ前後マシンの状態をセーブ/リストアできる。しかし、CIF命令効果遅延している状態(CIF命令実行後、最初の分岐を行うまでの状態)かどうか判別できないマネージャ完全なPDP-8エミュレータ含んでいる必要がある(8命令マシンなので難しくはない)。CIF命令トラップした際、マネージャ次のジャンプ命令までの命令列をエミュレートする必要がある実際ジャンプ命令CIF命令直後にあるのが一般的で、エミュレーション性能大きく低下することはないが、小さな設計上の欠陥への対策として大きい。 PDP-8/Aのころメモリ価格はさらに下落し、32Kワード以上も可能なレベルとなった。そこでPDP-8/Aでは8フィールド以上を扱える新たな命令群追加された。フィールド番号命令ハードコーディングされるのではなくAC指定できるようになった。しかし、そのころにはPDP-8市場から消えつつあり、この新機能を使うよう修正された主要ソフトウェアごく一部けだった

※この「仮想化」の解説は、「PDP-8」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「PDP-8」の記事については、「PDP-8」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 16:42 UTC 版)

データセンター」の記事における「仮想化」の解説

処理能力の低い旧型サーバや、それほど処理能力必要としないサービスなどを複数まとめて少数高性能サーバ一括して行わせることでサーバ台数低減しサーバそのもの電力使用量減らすこに加え稼動するサービスの量に比較してデータセンター面積小さくすることで、空調水冷などに要する電力消費低減することができる。 仮想化に対応したソフトウェアとして、VMwareXenHyper-Vなどが有名である

※この「仮想化」の解説は、「データセンター」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「データセンター」の記事については、「データセンター」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/06 20:17 UTC 版)

AIX」の記事における「仮想化」の解説

詳細は「PowerVMを参照 ハードウェア機能連係し、商用UNIXとしては早い時期から各種の仮想化をサポートしており実績も多い。物理分割 (PPAR)よりも柔軟性の高い論理区画 (LPAR)、LPARへの動的なリソース割当変更可能なDynamic Logical PartitioningLPARCPU1/100単位割当可能なMicro-Partitioning1つAIXインスタンス内で複数AIX環境作成できるWorkload Partition (WPAR) 、稼働中LPAR別の物理マシン(別筐体)へ移動できるLive Partition Mobilityx86 32ビットLinuxアプリケーションバイナリ無修正実行できるLx86などである。これらはPowerVMとして総称されている。

※この「仮想化」の解説は、「AIX」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「AIX」の記事については、「AIX」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 00:40 UTC 版)

Power Systems」の記事における「仮想化」の解説

仮想化のテクノロジー製品総称PowerVM旧称 Advanced POWER VirtualizationAPV)と呼び、以下を含む。 システム全体で最大160コア当り最大10)の論理区画論理パーティションLPAR)を作成し同時に複数OS起動できる 仮想入出力サーバー (Virtual I/O Server、VIOS) ストレージイーサネットの仮想化 Lx86 - x86 32ビット用のLinuxアプリケーション・バイナリーを、そのままPOWER上で実行できるものの、同価格帯のIAサーバーにはかなわないまた、64ビットバイナリは実行できない

※この「仮想化」の解説は、「Power Systems」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「Power Systems」の記事については、「Power Systems」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 01:22 UTC 版)

Unified Extensible Firmware Interface」の記事における「仮想化」の解説

HP Integrity Virtual Machines(英語版) では、HP IntegrityサーバでのUEFIブート提供する。UEFI-awareのゲストOSのための仮想UEFI環境提供するインテルでは、Sourceforge上でOpen Virtual Machine Firmwareプロジェクト主催している。 Mac OS X向けのVMware Fusionは、EFI使ってMac OS X Server仮想マシンブートできる。 VirtualBox3.1からUEFI実装しているが、レガシーBIOSからUEFIへの移行期開発されOS起動に必要となるCSM実装されていないため、対応OSはUnix/Linux系またはWindows 8以降x86-64版に限られているVistaや7のx64版はUEFI対応不可)。 QEMU/KVMはOVMFと共に利用可能である。 VMware vSphere一部であるVMware ESXi 5は仮想マシン内のBIOS代替として仮想化EFIサポートしている。 VMware Workstation 11以降ではEFI使用した仮想マシン起動サポートしている。 VMware Workstation 14以降ではSecure Boot使用した仮想マシン起動サポートしている。 Hyper-V第二世代仮想マシンUEFIサポートする

※この「仮想化」の解説は、「Unified Extensible Firmware Interface」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「Unified Extensible Firmware Interface」の記事については、「Unified Extensible Firmware Interface」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:09 UTC 版)

テレワーク」の記事における「仮想化」の解説

企業では、タブレットラップトップなどのリモートデバイスからアクセスできる社内アプリケーションへのアクセステレワーカー提供することがよくあるこれらのデバイスは、従業員の間で人気高まっているが、基礎となるOS異なるため、さまざまな互換性の問題みられる。しかし、デスクトップ仮想化、特にリモート・デスクトップ仮想化を利用することで、モバイル・デバイスからレガシー・アプリケーションやOSアクセスすることができる。

※この「仮想化」の解説は、「テレワーク」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「テレワーク」の記事については、「テレワーク」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 04:58 UTC 版)

UltraSPARC T1」の記事における「仮想化」の解説

T1ハイパーバイザ権限による実行モードサポートする最初のSPARCプロセッサである。SPARCハイパーバイザはこのモード動作しT1システムそれぞれオペレーティングシステムインスタンス実行可能32個の論理ドメイン分割することができる。 現在[いつ?]、SolarisLinuxNetBSDFreeBSDサポートされている。

※この「仮想化」の解説は、「UltraSPARC T1」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「UltraSPARC T1」の記事については、「UltraSPARC T1」の概要を参照ください。


仮想化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/28 09:14 UTC 版)

UltraSPARC T2」の記事における「仮想化」の解説

T1と同様に、T2超特権実モードサポートするSPARCハイパーバイザーはこのモード実行されT2システムの場合は64論理ドメイン分割することができ、双方向SMP T2 Plusシステムの場合は128論理ドメイン分割できる。各ドメインは、独立したオペレーティングシステムインスタンスを実行できる

※この「仮想化」の解説は、「UltraSPARC T2」の解説の一部です。
「仮想化」を含む「UltraSPARC T2」の記事については、「UltraSPARC T2」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仮想化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想化」の関連用語

仮想化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仮想化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2023 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ仮想化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイクロプログラム方式 (改訂履歴)、SPARC T3 (改訂履歴)、PDP-8 (改訂履歴)、データセンター (改訂履歴)、AIX (改訂履歴)、Power Systems (改訂履歴)、Unified Extensible Firmware Interface (改訂履歴)、テレワーク (改訂履歴)、UltraSPARC T1 (改訂履歴)、UltraSPARC T2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS