仮想企業とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 仮想企業の意味・解説 

仮想企業

読み方かそうきぎょう
【英】virtual company, virtual corporation

仮想企業とは、個人企業ネットワーク通じてひとつにまとまり事業を展開する事業形態のことである。

仮想企業は、それぞれ得意分野を持った人材インターネット通じて寄り合いWebサイト設けたりシステムを築いたり、あたかも一個企業のように活動する。それによって、単独作業するよりも仕事クオリティは向上し、受注チャンスが増えたり、あるいは個人では受注できないような仕事引き受けることができたりといった効果期待できる。法人として法的起業する場合はもちろん、プロジェクト発生に応じてそのつど構成される作業グループ指して仮想企業と呼ぶ場合もある。

主にコスト削減目的として仮想企業を結成する場合もある。必要な人材技術ノウハウなどを外部から調達すれば、経営必要不可欠業務能力以外は外注で済ませることができる。

また、大学などにおいて、学校側の支援をうけて法人活動を営む場合指して仮想企業と呼ぶ場合もある。


仮想企業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/29 01:02 UTC 版)

仮想企業とは、ウェブ上で実現される企業活動のこと。バーチャル・リアリティのような企業(コーポレーション、カンパニー)ということで、バーチャル・コーポレーションバーチャル・カンパニーとも言う。




「仮想企業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想企業」の関連用語

仮想企業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮想企業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ仮想企業の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想企業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS