カプセル化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > カプセル化の意味・解説 

カプセル‐か〔‐クワ〕【カプセル化】


カプセル化 [encapsulation]


カプセル化

【英】 Capsulization

クラス外部から、クラス自体クラスインスタンスプロパティメソッド直接呼び出せないようにすること。

クラス外部からは、クラス内部データどのような形で保持されているかわからなくし、勝手に変更できなくさせることができる。ただ、PHP4ではクラスプロパティメソッド直接アクセスするのを禁止することはできない

PHP5では、プロパティメソッドの定義時privateやprotected宣言をすることで、クラス外から直接プロパティアクセスできないように設定することが可能になった。varによるプロパティの宣言、あるいは何も指定せずにメソッド宣言した場合は、public宣言同じくクラス外からでもアクセスできるようになる。

privateとprotectedの違いについてだが、private指定するとそのクラス以外のどこからも直接アクセスすることができなくなるのに対し、protectedと指定すると、そのクラス内の他に、そのクラス継承したクラス内からも直接アクセスすることが可能になる。

関連用語


カプセル化

読み方カプセルか
【英】encapsulation

カプセル化とは、「手続き情報一緒にまとめる」というオブジェクト指向プログラミング考え方のことである。

カプセル化は、外部から操作できる処理に対してオブジェクト内部情報紐付けることであり、外部から不要操作情報遮断できる。こうすることでオブジェクト操作する側から見るインターフェース外部から操作できる処理)のみ把握すればよく、オブジェクト独立性が高まり、結果的開発効率可搬性の向上が期待できる。

プログラミングのほかの用語一覧
オブジェクト指向:  Hibernate  ポリモーフィズム  IDL  カプセル化  コンストラクタ  コンポーネント  メソッド

カプセル化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/12 00:42 UTC 版)

カプセル化: encapsulation)は、コンピュータプログラミングで用いられる概念であり、特定のデータ構造アルゴリズムなどをまとめたソフトウェア複合体の内側の詳細を外側から隠蔽することと定義されている。この隠蔽は計算機科学者デビッド・パーナスが提唱した情報隠蔽英語版と同義である。


  1. ^ 構造化プログラミング pp.58-65
  2. ^ 構造化プログラミング pp.58-65 における image型 はデータ抽象の例である。
  3. ^ なお、紛らわしい名称を持つプログラミング言語のPerl開発者であるラリー・ウォールは、構造化プログラミングの真珠(pearl)との関連性を明確には述べていない。本家インタビュー:Perl開発者ラリー・ウォール
  4. ^ 構造化プログラミング pp.68-69
  5. ^ ダイクストラやヴィルトの普及もあってか、以後「アルゴリズム」と「データ構造」と言う単語の入ったプログラミングに関する書籍が数多く出版されることとなった。
  6. ^ このような構成からなるプログラムは変更に弱く、バグが発生しやすいため保守管理が困難である。
  7. ^ 用法としてカプセル化という用語は情報隠蔽も含むことが多い。一方、モジュール化という用語はそういったニュアンスは少ない。
  8. ^ 山崎(1990) p.131
  9. ^ ソフトウェア業界においては、理想的には顧客が提示する仕様書に基づいてソフトウェアを開発し、そのソフトウェアが仕様書を満たしていれば顧客に納品することができる。つまり、顧客が提示する仕様書にある機能が実現されており、かつその機能を実行する限りにおいて動作検証されていれば、そもそも顧客が関知する理由の無い実装上必要となる機能の幾つかが不具合を有していても、そのソフトウェアは仕様書を満たしていると主張可能ということである。


「カプセル化」の続きの解説一覧

「カプセル化」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カプセル化」の関連用語

カプセル化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カプセル化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2022 Microsoft.All rights reserved.
PHPプロ!PHPプロ!
©COPYRIGHT ASIAL CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリカプセル化の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカプセル化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのカプセル化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS