生体適合性とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 生体適合性の意味・解説 

生体適合性

読み方:せいたいてきごうせい

ある材料装着あるいは移植した際に、生きた体に異物として認識され、排除されることなく馴染む性質、またはその度合いを意味する表現人工臓器血管骨・皮膚などについて用いられることが多い。

生体適合性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 07:54 UTC 版)

生体適合性(biocompatibility)とは生体組織器官と親和性があり、異物反応拒絶反応などを生じない性質。


  1. ^ Williams, David F. (1987), Definitions in biomaterials: proceedings of a consensus conference of the European Society for Biomaterials, Elsevier 
  2. ^ Ratner, Buddy D.; Schoen, Frederick J. (2013), “the Concept and Assessment of Biocompatibility”, Biomaterials Science: An Introduction to Materials in Medicine (3rd ed.), Academic Press, pp. 588--592 


「生体適合性」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生体適合性」の関連用語

生体適合性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生体適合性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生体適合性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS