レイヤーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > レイヤー > レイヤーの意味・解説 

レイヤー

英語:layer

レイヤーとは、レイヤーの意味

レイヤーとは英語で、階層または層という意味である。ヘアデザインにおいてはレイヤーは、毛先段差をつけてカットすることをいう。髪にいくつかの段差設けることで毛先動きを出すことが目的である。具体的な方法としては上部にある髪を短めにカットし、その下部の髪はやや長めにカットすることで段差作る。ボブスタイルのような髪型用いられることが多く、レイヤーカットを施すことで髪の印象軽くできるも一つ目的である。

アプリケーションソフトにおけるレイヤーとは

レイヤーは、層を分けることで作業効率高め役割として使われている。その一つが、アプリケーションソフトである。アプリケーションソフトにおけるレイヤーとは、作業画面の中で複数の層をセル画のように重ね機能のことである。画像処理際にレイヤーという仮想シート作り必要に応じて表示や非表示にすることで完成した状態を見ることができるこれによって一つ画面いくつかのパターンを比較することが可能になる




レイヤー【layer】

読み方:れいやー

層。階層。「―ケーキ」→レイヤードルック

グラフィックソフトCAD(キャド)ソフトにおける、絵や設計図仮想的なシート複数シート重ねたり別々に編集したりできる。画層

「レイヤー」に似た言葉

レーヤー

コスプレーヤー」の略。


レイヤー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

レイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 05:00 UTC 版)

レイヤー、レイヤ




「レイヤー」の続きの解説一覧

レイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/01 16:41 UTC 版)

サウンドサーバ」の記事における「レイヤー」の解説

サウンドスタックは以下のように表されるアプリケーション (mp3プレイヤーwebビデオなど) サウンドサーバ (aRtsESDJACKPulseAudioなど) サウンドサブシステム (OSSALSAなど) OSカーネル (LinuxUnixなど)

※この「レイヤー」の解説は、「サウンドサーバ」の解説の一部です。
「レイヤー」を含む「サウンドサーバ」の記事については、「サウンドサーバ」の概要を参照ください。


レイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 15:36 UTC 版)

Scalable Vector Graphics」の記事における「レイヤー」の解説

SVG特筆すべき点としてレイヤー機能がある。SVG では写真挿絵などのビットマップデータ部分座標値で指定された円・線分等を組み合わせた図形ベクターデータ部分として個々に指定でき、互い苦手とする部分補完しながら共存して画面表示できるビットマップデータ: 写真挿絵統計グラフ ベクターデータ: 円弧線分・点・文字統計グラフ SVGは文字ベクター情報領域有することで拡大縮小た際にアウトラインフォント表現する。この機能により、拡大するジャギー呼ばれる文字外延部のギザギザ生じて見にくくなる点が解決されている。具体的にAdobe Acrobat による PDF 形式の文字ほぼ同じ機能有するこれらのレイヤー機能により、背景写真など画像を置き、ベクターデータによる線画文字配置させることが可能である具体的に等高線表示した地図画像ビットマップの上に鉄道路線道路網ベクターデータ)を重ね電車自動車等移動体配置して同時表示可能になる。更に、ベクターデータのみで表現した塗りつぶしでは色の重ね合わせ可能であり塗りつぶし透過度指定により集合論用いベン図のような形を必要最低限度の色数表現できる

※この「レイヤー」の解説は、「Scalable Vector Graphics」の解説の一部です。
「レイヤー」を含む「Scalable Vector Graphics」の記事については、「Scalable Vector Graphics」の概要を参照ください。


レイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 09:12 UTC 版)

画像編集」の記事における「レイヤー」の解説

また、レイヤーも画像編集ソフトウェア一般的な機能である。画像一部張り付いた透明なシート複数重ねたようなもので、各シート個別に編集できる。これにより他に影響与えない一部分だけを編集することが容易となる。

※この「レイヤー」の解説は、「画像編集」の解説の一部です。
「レイヤー」を含む「画像編集」の記事については、「画像編集」の概要を参照ください。


レイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 17:02 UTC 版)

メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事における「レイヤー」の解説

肩書きは「影の絵描き」。

※この「レイヤー」の解説は、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の解説の一部です。
「レイヤー」を含む「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の記事については、「メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ -」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「レイヤー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

レイヤー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:46 UTC 版)

名詞

  1. 地層階層

翻訳


「レイヤー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



レイヤーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「レイヤー」の関連用語

レイヤーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



レイヤーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサウンドサーバ (改訂履歴)、Scalable Vector Graphics (改訂履歴)、画像編集 (改訂履歴)、メルクストーリア - 癒術士と鈴のしらべ - (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのレイヤー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS