嵐山とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > 嵐山の意味・解説 

あらし やま 【嵐山】

◇ 京都市西京区にある山。丹波高地の東縁の小丘。大堰おおい)川に臨み、小倉山対する。海抜376メートル桜・紅葉名所らんざん。⦅歌枕⦆ 「朝まだき嵐の山の寒ければもみぢの錦きぬ人ぞなき/拾遺
能の一。脇能物金春禅鳳こんぱるぜんぽう)作。勅使吉野移植した嵐山の花見に出かけると、木守・勝手の明神蔵王権現現れて、花を賞()で国土擁護誓いを示す。

らん ざん 【嵐山】 ◇

嵐山(あらしやま)の別名。
埼玉県中央部比企ひき)郡の町。比企丘陵位置し、南部流れ槻川武蔵嵐山景勝地がある。

嵐山

名称: 嵐山
ふりがな あらしやま
種別 史跡
種別2: 名勝
都道府県 京都府
市区町村 京都市右京区西京区
管理団体 京都府(昭3・2・9)
指定年月日 1927.04.08(昭和2.04.08)
指定基準 史2,史3,史7,
史8,名1,名2,
名3,名4,名6
特別指定年月日
追加指定年月日 昭和9.01.11
解説文: 桂川上流保津川ノ下タル大堰川嵯峨町所小倉山龜山ノ連嶂ヲ左岸松尾村所屬烏ケ獄嵐山松尾山右岸ニセル峽谷清瀧川合流點附近以下主トシテ嵐山ノ山脚ニ屬スル清灘約二十町世ニ所謂嵐峽トスル一帶ノ溪山ヲ包括スルモノトス嵐山峽附近古生代粘板岩ヨリ成リ地層走向ト嵐山峽大堰川路ノ方向トハ一致地層ノ轉曲スル流路モ亦轉向大堰川ハ一ノ縱谷ニ相當ス峽ノ兩岸急傾斜ヲ爲スハ地層傾斜ナルニ依ル此ノ間ニ在テ殊ニ嵐山ノ峰巒温然タル態樣ヲ具フルアリ全嶺佳欝蒼トシテ壁立千尺ニ及ヒ東面シテ斜ニ西北ニ深澗ヲ帶ヒ春ハ秋ハ紅葉觀賞スヘク夏ハ納涼ニ冬ハ看四季共ニ興ヲ牽ク多シ京都府府有地ニ於ケル府營龜山公園ハ其ノ地嵐山ノ對岸位置シ溪山麗眺ノ勝區タリ溪流急灘ヲ成スト雖モ保津川ヨリ此ノ峽谷ヲ下ル舟遊興趣絶佳ナリトシテ稱セラル書册龍門瀧大悲閣峽中名所トシテ人口膾炙セラル渡月橋大堰及其ノ堤防著名ナリ舊京負郭ノ地ニ近接宇多天皇大井川行幸以來王朝雅賞ノ名區トシテ推サレシヲ以テ其ノ勝概廣ク中外ニ艶稱セラル
史跡名勝記念物のほかの用語一覧
史跡:  頼山陽居室  雷山神籠石  雷神山古墳  嵐山  梨久保遺跡  里浜貝塚  離宮院跡

嵐山

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

嵐山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/27 04:49 UTC 版)

嵐山(あらしやま)は京都府京都市観光地。国の史跡および名勝に指定されている。






「嵐山」の続きの解説一覧



嵐山と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「嵐山」の関連用語

1
94% |||||

2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

嵐山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



嵐山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの嵐山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS