津とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > > の意味・解説 

しん【津】

読み方:しん

常用漢字] [音]シン(呉)(漢) [訓]

[一]シン

舟着き場渡し場。「津渡/河津入津要津

体から出る液体。つば・汗など。「津液

次々とわき出てうるおす。「興味津津

[二]〈つ〉「津波津津浦浦

名のり]ず


つ【津】

読み方:つ

船が停泊する所。また、渡船場ふなつき場。港。「三箇(さんが)の―」

海上(うなかみ)のその―をさして君が漕(こ)ぎ行かば」〈万・一七八〇〉

港をひかえて、人の多く集まる所。また一般に、人の多く集ま地域

十四日夕暮敦賀の―に宿をもとむ」〈奥の細道


つ【津】

読み方:つ

三重県中部伊勢湾面する市。県庁所在地。もと藤堂氏城下町。県行政文教中心地古く安濃津(あのつ)と称し三津(さんしん)の一。平成18年20061月久居(ひさい)市や周辺8町村合併人口28.62010)。


読み方:ツ(tsu

湊・浦河岸などの総称


読み方:ツ(tsu

所在 神奈川県鎌倉市


読み方:ツ(tsu

所在 福岡県大川市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方:ツ(tsu

所在 三重県(JR紀勢本線ほか)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
おやぎつ
おやづ
つさき
つざき
つだか
つはま
わたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 07:41 UTC 版)

(つ、しん)




「津」の続きの解説一覧

津(シン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/23 02:29 UTC 版)

TISTA」の記事における「津(シン)」の解説

第5~6話標的浮浪児負債肩代わり狙った人身臓器売買組織「緋燕幇(フェイヤンバン)」の老大であり、チャイナタウンマフィア「三拷会」傘下ベトナム戦争戦った父親がいる。部下犠牲にしてまでティスタ追い詰めるが、結局返り討ちとなり始末される。

※この「津(シン)」の解説は、「TISTA」の解説の一部です。
「津(シン)」を含む「TISTA」の記事については、「TISTA」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「津」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:36 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. みなと。特に天然地形利用したもの。

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「津」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



津と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「津」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

津のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



津のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの津 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのTISTA (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS