神道天行居とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > 神道天行居の意味・解説 

しんとうてんこうきょ 【神道天行居】


神道天行居

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/29 15:40 UTC 版)

神道天行居(しんどうてんこうきょ)は、友清歓真(ともきよ よしさね)によって創始された古神道系の新宗教団体。秘密結社に分類される事もある。本部は、山口県熊毛郡田布施町石城山の麓。現在でもユダヤ陰謀論を信じ、「霊的国防」を唱えている。




  1. ^ この友清の霊的国防論は三島由紀夫の『文化防衛論』に影響をあたえたという。ただし三島はユダヤ人の陰謀による日本への攻撃という世界観を信じていたわけではない。
  2. ^ 古代から南北朝時代にかけて、伊勢神宮に奉仕した斎王のこと。1334年の祥子内親王が最後の斎宮であった。男性天皇の場合のみに置かれ、常設ではなく、長い中断も何度かあるので宗派内の伝承にすぎない。
  3. ^ 「相伝」は日本語では「次々に受け伝えること」の意。(講談社『日本語大辞典』)
  4. ^ 出口三平ほか『新宗教時代〈1〉』(大蔵出版、1997年)p33


「神道天行居」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神道天行居」の関連用語

神道天行居のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



神道天行居のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神道天行居 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS