古神道とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 神道 > 神道 > 古神道の意味・解説 

こ‐しんとう〔‐シンタウ〕【古神道】


こしんとう 【古神道】


古神道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 17:38 UTC 版)

古神道(こしんとう)とは、




注釈

  1. ^ 寄り神は、漂着神や客神ともいう。
  2. ^ 江戸時代以降の都心では町場(町奉行管轄)と庭場(寺社奉行管轄)と野帳場(検地がされていない管轄未定地や郊外)に区分され、庶民町人が協力して自治を行った。

出典

  1. ^ a b 『面白いほどよくわかる神道のすべて』 169頁。
  2. ^ 『面白いほどよくわかる神道のすべて』 88頁。
  3. ^ 『古神道は甦る』 102-106頁。
  4. ^ 『古神道は甦る』 121-123頁。


「古神道」の続きの解説一覧

古神道(≒原始神道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 01:37 UTC 版)

神道」の記事における「古神道(≒原始神道)」の解説

江戸時代国学によって、儒教仏教からの影響を受ける前の神道仮構され、復古神道古道皇学本教などと称された。明治時代以降に古神道だけを取り出し新たな宗派として設立されたものも古神道と称している場合がある近代以降学問研究され国学色を排除してからは、純神道原始神道ともいう[要出典]。

※この「古神道(≒原始神道)」の解説は、「神道」の解説の一部です。
「古神道(≒原始神道)」を含む「神道」の記事については、「神道」の概要を参照ください。


古神道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 22:16 UTC 版)

神体」の記事における「古神道」の解説

古神道における神籬ひもろぎ)・磐座いわくらとしての海・川滝・山や木・岩など場の様相が変わり目立つ場所(ランドマーク)が、神域とされ神が宿る場所、または、現世うつしよ)と常世(とこよ)の端境神の国入り口考えれ神の居る場所神体)と考えられた。 古神道の神籬・磐座信仰御神木夫婦岩壮大なものでは福岡県宗像市沖ノ島の島全体霊峰としての富士山などを、神奈備かんなび)ともいい、現世において神が常に鎮座するまたは隠れ住む(居る)場所や物を指す。その他注連縄飾られているものとして、稲妻)が水田などに落ちた場所などが挙げられる鹿島神宮香取神宮存在する要石は、武甕槌神地震引き起こす大鯰封じたものとして奉られている。

※この「古神道」の解説は、「神体」の解説の一部です。
「古神道」を含む「神体」の記事については、「神体」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「古神道」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「古神道」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



古神道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「古神道」の関連用語

古神道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



古神道のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの古神道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの神道 (改訂履歴)、神体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS