神一条教とは?

神一条教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/09 23:13 UTC 版)

神一条教(かみいちじょうきょう)は日本の新宗教。ほんみちの分派である天理三輪講の流れを汲む。教祖、米谷クニ(玉水仙)は天理教の教師であったが、1935年(昭和10年)に天理教を離れ、天理三輪講に入信するも1941年(昭和16年)に教団解散、1942年(昭和17年)に大阪府布施市の自宅で「神一条打明場所」を開く。1946年(昭和21年)に大自然神一条教と改称し、1952年(昭和27年)、宗教法人認可を受けた際に現名称となる。




[ヘルプ]
  1. ^ 「天理教見聞記(4)」1930年5月23日読売新聞朝刊4面 2016年4月10日ヨミダス歴史館にて閲覧
  2. ^ a b c d (新宗教研究会 1999)


「神一条教」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「神一条教」の関連用語

神一条教のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



神一条教のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神一条教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS