ひかりの輪とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ひかりの輪の意味・解説 

ひかりの輪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 16:19 UTC 版)

ひかりの輪(ひかりのわ、英語: The Circle of Rainbow Light)は、日本の哲学サークルである。上祐史浩らがAleph(旧オウム真理教)から独立して2007年5月7日に設立された。団体側は麻原彰晃の影響力を脱した「脱麻原派」を主張しているが、公安調査庁は「麻原隠し(麻原の影響力を払拭したかのように偽装)」をしているとして観察処分を継続している[1]




  1. ^ オウム真理教 | 国際テロリズム要覧(Web版) 公安調査庁 2018年3月28日
  2. ^ ひかりの輪ホームページ オウムの教訓
  3. ^ 新教団の基本的な性格
  4. ^ [1][2]
  5. ^ a b ひかりの輪・聖地巡りで常習的に無免許運転か=警視庁が家宅捜索 やや日刊カルト新聞 2016年12月21日付
  6. ^ 最近の内外情勢 2007年5月、公安調査庁、2007年6月15日
  7. ^ 立入検査実施結果について、公安調査庁、2007年7月13日
  8. ^ カワラダくん! ひかりの輪東京本部教室 細川美香のブログ
  9. ^ 『「ひかりの輪」は観察処分の対象 公安調査庁が会見』2007年5月9日 朝日新聞
  10. ^ *団体規制法第5条(観察処分)
    • 公安審査委員会は、その団体の役職員又は構成員が当該団体の活動として無差別大量殺人行為を行った団体が、次の各号に掲げる事項のいずれかに該当し、その活動状況を継続して明らかにする必要があると認められる場合には、当該団体に対し3年を超えない期間を定めて、公安調査庁長官の観察に付する処分を行なうことができる。
    1. 当該無差別大量殺人行為の首謀者が当該団体の活動に影響力を有していること。
    2. 当該無差別大量殺人行為に関与した者の全部又は一部が当該団体の役職員又は構成員であること。
    3. 当該無差別大量殺人行為が行われた時に当該団体の役員(団体の意思決定に関与し得る者であって、当該団体の事務に従事するものをいう。以下同じ。)であった者の全部又は一部が当該団体の役員であること。
    4. 当該団体が殺人を明示的に又は暗示的に勧める綱領を保持していること。
    5. 前各号に掲げるもののほか、当該団体に無差別大量殺人行為に及ぶ危険性があると認めるに足りる事実があること。
    同法第7条(観察処分の実施)
    1. 公安調査庁長官は、第5条第1項又は第4項の処分を受けている団体の活動状況を明らかにするため、公安調査官に必要な調査をさせることができる。
    2. 公安調査庁長官は、第5条第1項又は第4項の処分を受けている団体の活動状況を明らかにするために特に必要があると認められるときは、公安調査官に、同条第1項又は第4項の処分を受けている団体が所有し又は管理する土地又は建物に立ち入らせ、設備、帳簿書類その他必要な物件を検査させることができる。
    3. 前項の規定により立入検査をする公安調査官は、その身分を示す証票を携帯し、関係者に提示しなければならない。
    4. 第2項の規定による立入検査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。
  11. ^ 滝本太郎オウム集団のここ10年 第2版」(日本脱カルト協会公式サイト)
  12. ^ “「ひかりの輪」の観察処分取り消す判決 東京地裁”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2017年9月25日). オリジナルの2017年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/Nfr0s 2017年9月26日閲覧。 
  13. ^ a b “ひかりの輪が逆転敗訴「観察処分」取り消し訴訟”. 朝日新聞. (2019年2月28日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASM2X5CHXM2XUTIL03F.html 2019年9月22日閲覧。 
  14. ^ a b “「ひかりの輪」観察処分は適法 国側逆転勝訴の判決確定 最高裁”. 産経新聞. (2020年3月11日). https://www.sankei.com/affairs/amp/200311/afr2003110021-a.html 2020年10月25日閲覧。 
  15. ^ “「ひかりの輪」が国を提訴 観察処分の取り消し求め”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年5月21日). https://www.asahi.com/articles/ASL5M7KBQL5MUTIL026.html 2018年7月30日閲覧。 
  16. ^ 無登録で聖地巡礼、上祐氏設立「ひかりの輪」を捜索 利益数百万円 警視庁公安部 Archived 2014年8月6日, at the Wayback Machine.msn産経ニュース 2014年8月6日
  17. ^ 「聖地巡り」を無登録で… ひかりの輪副代表、旅行業法違反容疑で書類送検 産経ニュース 2015年7月29日
  18. ^ 「1円ずつ分けざるを得なかった」”ひかりの輪”広報部長、国家賠償請求額“3円”の根拠を本紙に語る やや日刊カルト新聞 2014年11月14日付
  19. ^ 産経ニュース"立ち入り日程を「ひかりの輪」信者に漏らす 公安調査庁職員を守秘義務違反で略式起訴 東京地検特捜部"2015.3.27 11:44
  20. ^ 「ひかりの輪」外部監査委員の女を書類送検 無免許運転で「聖地巡り」道交法違反容疑 産経ニュース 2017年1月26日付
  21. ^ “ひかりの輪、観察取り消し オウムから分派「別団体」”. 東京新聞. (2017年9月26日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092602000121.html 2017年11月13日閲覧。 
  22. ^ “オウム観察処分、6度目更新=ひかりの輪、新組織も-公安審査委員会”. 時事通信. (2018年1月22日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012200969&g=soc 2018年4月3日閲覧。 
  23. ^ “上祐史浩氏が会見 「私も教団で重大な責任があった」”. 朝日新聞. (2018年7月6日). https://www.asahi.com/articles/ASL763HWKL76UTIL00S.html?iref=comtop_8_01 2018年7月6日閲覧。 
  24. ^ “「ひかりの輪」女性役員を逮捕 立ち入り検査忌避の疑い”. 朝日新聞. (2020年2月5日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASN253VZXN25TIPE007.html 2020年2月14日閲覧。 


「ひかりの輪」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ひかりの輪」の関連用語

ひかりの輪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひかりの輪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひかりの輪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS