土谷正実とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 土谷正実の意味・解説 

土谷正実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/16 17:32 UTC 版)

土谷 正実(つちや まさみ、1965年1月6日 - 2018年7月6日)は元オウム真理教幹部。元死刑囚東京都出身。筑波大学大学院化学研究科修士課程修了、博士課程中退。化学(物理化学有機化学)を専攻。ホーリーネーム クシティガルバ。教団では第二厚生省大臣をつとめた。教団の化学者として化学兵器薬物を生成し、マスコミから化学班キャップと呼ばれた。ステージは菩師長であったが、地下鉄サリン事件直前に正悟師に昇格した。




  1. ^ 1991年刊行のオウム『麻原彰晃のズバリ!浮揚―28人の決定的瞬間が証明する現代の神秘!』(p.31)でも実演している
  2. ^ 週刊ポスト 2013年2月15・22日号『死刑囚78人の肉筆』土谷からの肉筆文に記載
  3. ^ 生徒はその後出家し土谷のもとでチオペンタールナトリウム密造に関与
  4. ^ 合田正が主宰。現:特定非営利活動法人 日本整膚心道学園
  5. ^ 実父は土谷の逮捕前、『モーニングEye』(1995年4月6日放送)の取材に応じた。息子は教団で土木作業員をやっているのではないかと思っていたが、オウムの化学兵器開発・所持の実態が明らかになると作ったのは正実に違いないと考えていたことを明かしている。
  6. ^ 中川は坂本堤弁護士一家殺害事件薬剤師リンチ殺人事件松本サリン事件会社員VX殺害事件公証人役場事務長逮捕監禁致死事件に、遠藤は松本サリン事件に殺害実行犯として加担している
  7. ^ 2016年3月13日「地下鉄サリン事件から21年の集い」に登壇した藤田庄市によると、逮捕後、自分の作ったサリンが松本事件に使われたことと、甚大な被害状況を知り、ショックで大坪弘道検事の作文した調書に署名捺印しただけであると主張していた
  8. ^ 全文は以下の通りである。
    「最後に結論です。クシティガルバ棟でサリンを合成していたときに唱えていた信徒用決意ナンバー4です。マイトレーヤ尊師、イコール、グル、イコール、シヴァ大神、イコール、すべての真理勝者方への私クシティガルバの懇願です。すべての魂がマハーニルヴァーナに安住できるようになるまで、何卒お導きを。偉大なる完全なる絶対なるグルに帰依し奉ります。最高の叡智であられる偉大なるシヴァ大神に帰依し奉ります。完全なる絶対なる真理に帰依し奉ります。すべてのタントラヤーナ、ヴァジラヤーナの戒律に帰依し奉ります。私の功徳によってすべての魂が高い世界へポアされますように。」
  9. ^ 年報死刑廃止編集委員会 『死刑囚監房から―年報・死刑廃止〈2015〉』確定死刑囚アンケートへの回答による。保護房収容期間中は入浴や髭剃りが禁止で、2015年7月に保護室に収容された際は、暑さと不衛生な環境により両足が腫れる等身体に異変が起こったと訴えている。
  1. ^ http://www.sanyonews.jp/sp/article/745243
  2. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 216.
  3. ^ a b c d 「麻原、詐病やめて考え述べよ」オウム土谷被告が手紙 朝日新聞 2011年2月15日
  4. ^ a b c d e 「オウム真理教:洞察-テロリスト達はいかにして生物・化学兵器を開発したか」執筆者:Richard Danzig、Marc Sageman、Terrance Leighton、Lloyd Hough、 結城秀美、小谷瑠以、Zachary M. Hosford
  5. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 94.
  6. ^ a b c d e f g h i j 1995年5月18日(木)読売新聞夕刊「終末の教団 幹部10人の素顔⑵土谷正実」
  7. ^ a b 降幡『オウム法廷11』, p. 149.
  8. ^ a b 江川『魂の虜囚 下巻』, p. 200.
  9. ^ a b c 「地下鉄サリン事件 土谷死刑囚が書いた230通を超える手紙を入手」2015年3月20日 FNNニュース
  10. ^ a b c d e f 江川『魂の虜囚 下巻』, p. 206-210.
  11. ^ a b c 降幡『オウム法廷11』, p. 151.
  12. ^ a b c d NHKスペシャル『オウム真理教暴走の軌跡』」 - 1995年5月17日放送
  13. ^ 佐木『オウム法廷連続傍聴記』, p. 202.
  14. ^ a b c d e f g h ザ!世界仰天ニュース - 2時間15分拡大版!洗脳スペシャル - 2012年4月4日放送
  15. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 150.
  16. ^ デイリー新潮 オウム「超高学歴信者」が抱えていた無力感、そこに投げかけた「麻原彰晃」の言葉
  17. ^ a b c d e 宮下博行「俺にまかせろ!家庭内暴力―仏祥院・合田日正 軌跡の28年」
  18. ^ a b c 降幡『オウム法廷11』, p. 152.
  19. ^ 中日新聞 2014/6/23朝刊
  20. ^ a b c d e f 降幡『オウム法廷11』, p. 155-158.
  21. ^ フライデーSpecial'95総集編 1995年12月19日増刊号
  22. ^ 降幡賢一「オウム法廷8」p.183
  23. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 542.
  24. ^ a b c d e f g サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/土谷正実2003年9月18日上申書 オウム裁判対策協議会
  25. ^ a b 週刊新潮 2018年4月5日号「オウム死刑囚」13人の罪と罰『麻原に“オシメを外せ!”と言ってやる――「オウム死刑囚」2人の科学者』
  26. ^ 2015.3.21 週刊朝日
  27. ^ a b c d 東京キララ社編集部『オウム真理教大辞典』2003年 p.24,p.32,p.89,p.96
  28. ^ a b c 降幡『オウム法廷12』, p. 147.
  29. ^ a b c d e f サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/すサリン事件にまつわる各種資料/1996年2月7日 冒頭陳述(土谷正美) オウム裁判対策協議会
  30. ^ 「麻原彰晃(松本智津夫)第一審公判弁論要旨 Ⅶ 松本サリン事件
  31. ^ a b c カナリヤの詩27号 カナリヤの会
  32. ^ a b c d e f g h i j 破防法弁明●証拠の要旨の告知(2) オウム真理教公式サイト(Internet Archive)
  33. ^ a b c 降幡賢一『オウム法廷13』 p.96, p.115, p.561, p.225
  34. ^ a b c 松本智津夫被告 法廷詳報告 林郁夫被告公判 カナリヤの会
  35. ^ 江川紹子『魂の虜囚―オウム事件はなぜ起きたか』 p.481
  36. ^ NHKスペシャル取材班「未解決事件 オウム真理教秘録」 p.276
  37. ^ a b 「現代化学」2012年5月号に掲載された中川智正の証言
  38. ^ 江川『魂の虜囚 下巻』, p. 445.
  39. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 170.
  40. ^ 降幡『オウム法廷2上』, p. 133.
  41. ^ 降幡『オウム法廷2上』, p. 143.
  42. ^ 降幡『オウム法廷2上』, p. 132.
  43. ^ 降幡『オウム法廷2上』, p. 157.
  44. ^ 土谷被告供述 マスタードガスを200キロ 読売新聞  1995年7月19日
  45. ^ 降幡賢一『オウム法廷2上』 p.206
  46. ^ サリン事件の詳細な実態、および事件の謎/サリン事件にまつわる各種資料/1995年10月24日 冒頭陳述(中川智正) オウム裁判対策協議会
  47. ^ a b 降幡『オウム法廷13』, p. 95-96.
  48. ^ a b 平成7年合(わ)第141号,同第187号,同第254号,同第282号,同第329号,同第38 0号,同第417号,同第443号,平成8年合(わ)第31号,同第75号 殺人,殺人未遂, 死体損壊,逮捕監禁致死,武器等製造法違反,殺人予備被告事件 東京地方裁判所 土谷=A24
  49. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 116.
  50. ^ 平成7合(わ)141 殺人等 平成16年2月27日 東京地方裁判所
  51. ^ a b 文藝春秋『NHKスペシャル取材班 未解決事件 オウム真理教秘』p.269-p.277
  52. ^ 佐木隆三「オウム法廷 連続傍聴記2」p.123-p.129
  53. ^ a b 松本サリン-20年の刻-3-元オウム信者/「教祖に認められたかった」YOMIURI ONLINE
  54. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 163.
  55. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 165.
  56. ^ 1994年2月頃から麻原彰晃は「教団施設に毒ガスが撒かれている」と説法していた
  57. ^ 麻原彰晃(松本智津夫)第一審公判弁論要旨 XI 地下鉄サリン事件
  58. ^ オウム出版『日出づる国、災い近し ―麻原彰晃、戦慄の予言』 p.208 1995年刊行
  59. ^ 佐木『オウム法廷連続傍聴記, p. 232.
  60. ^ a b 降幡『オウム法廷 グルのしもべたち 上』, p. 226-227.
  61. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 172.
  62. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 171.
  63. ^ 佐木『オウム法廷連続傍聴記』, p. 209.
  64. ^ 平成7合(わ)148 殺人,同未遂,犯人蔵匿被告事件 平成14年10月11日 東京地方裁判所 土谷=S
  65. ^ a b c d e 降幡『オウム法廷13』, p. 378-385.
  66. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 175.
  67. ^ a b 降幡『オウム法廷12』, p. 149.
  68. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 22.
  69. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 24.
  70. ^ a b 降幡『オウム法廷13』, p. 397.
  71. ^ a b 降幡『オウム法廷13』, p. 391.
  72. ^ オウム元幹部土谷被告に死刑判決 東京地裁 朝日新聞 2004年1月30日
  73. ^ オウム・土谷被告、2審も死刑判決…一度も出廷せず 読売新聞 2006年8月18日[リンク切れ]
  74. ^ 平成18(あ)1909  殺人,同未遂,殺人幇助,殺人未遂幇助,麻薬及び向精神薬取締法違反被告事件 最高裁上告棄却 平成23年2月15日  最高裁判所第三小法廷  判決棄却  東京高等裁判所
  75. ^ オウム事件 土谷被告、死刑確定へ 最高裁上告棄却 日本経済新聞 2011年2月15日
  76. ^ 毎日新聞 2011年2月15日
  77. ^ NHK 首都圏のニュース - NHKオンライン
  78. ^ 土谷文書 野田成人のブログ
  79. ^ 週刊新潮 2014年4月24日号「『オウム死刑囚』13人の拘置所ライフ」
  80. ^ オウム井上死刑囚「麻原は“アレフ解体”指示すべき」TBS NEWS ─4月13日 15時20分─
  81. ^ 作家 大石圭の日記 大石圭の日記
  82. ^ a b 朝日新聞 2018年7月8日
  83. ^ 幼馴染で作家の大石圭のTwitter
  84. ^ 高橋克也の控訴趣意書 p.22
  85. ^ フォーラム90による「2018年7月6日の執行に対する抗議集会 」より
  86. ^ TBS NEWS 2018年7月12日16時45分 松本元死刑囚は刑務官に何を、執行の日 詳細明らかに
  87. ^ “オウム土谷、遠藤、中川、早川4死刑囚の刑も執行”. 中日新聞. (2018年7月6日). http://www.chunichi.co.jp/s/article/2018070690101304.html 2018年7月6日閲覧。 
  88. ^ 幼馴染で作家の大石圭のTwitter
  89. ^ <オウム>6日死刑執行の元幹部、執行直前は謝罪の言葉毎日新聞 7/26(木) 18:01配信
  90. ^ a b c NHK『未解決事件』, p. 275.
  91. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 167.
  92. ^ a b 降幡『オウム法廷8』, p. 162.
  93. ^ a b 降幡『オウム法廷8』, p. 272.
  94. ^ 降幡『オウム法廷11』, p. 162.
  95. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 224.
  96. ^ 週刊新潮 2018年4月5日号 「オウム死刑囚」13人の罪と罰(6)
  97. ^ 【地下鉄サリン事件から20年】麻原彰晃の三女・アー チャリーが語る 聞き手:田原総一朗
  98. ^ 土谷謝罪 野田成人のブログ
  99. ^ a b 警視庁捜査一課理事官が明かすオウム秘話「愛人知らなかった麻原妻と土谷死刑囚が落ちた瞬間」アエラドット 朝日新聞出版
  100. ^ 降幡『オウム法廷 グルのしもべたち 上』, p. 210.
  101. ^ 降幡『オウム法廷13』, p. 671.
  102. ^ 『死刑囚90人 とどきますか、獄中からの声』インパクト出版会
  103. ^ 2012年12月30日放映 テレビ東京「~あの声が聞こえる~18年目のオウム真理教~」






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「土谷正実」の関連用語

土谷正実のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土谷正実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土谷正実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS