指名手配とは? わかりやすく解説

しめい‐てはい【指名手配】

読み方:しめいてはい

逮捕状出てい被疑者姓名指示して全国または他地区の捜査機関逮捕依頼すること。


指名手配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/25 08:18 UTC 版)

指名手配(しめいてはい)とは、警察が逮捕令状の出ている被疑者逮捕するための手段。


注釈

  1. ^ 刑事関係については昭和42年5月より昭和46年2月まで警察庁五人手配として実施されていた。同時に各都府県警及び北海道の方面本部でも4~5人ピックアップして公開捜査を行っていた。
  2. ^ a b 東京法令出版「捜査研究」1973年2月号手配コーナーによると、1972年3月8日まで逮捕されたとのこと。
  3. ^ 1965年から開始。開始当初は2月に実施していたが、1977年より11月実施に移行した。
  4. ^ 大道寺あや子裁判の途中でダッカ日航機ハイジャック事件により釈放されたため、公判が停止している。
  5. ^ 怒羅権も参照。

出典

  1. ^ 1972年2月1日秋田魁新報朝刊第10面
  2. ^ a b c d FBIが初のオンライン指名手配 WIRED.jp、2018年5月22日閲覧。


「指名手配」の続きの解説一覧

指名手配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 06:51 UTC 版)

江沢民」の記事における「指名手配」の解説

欧米諸国では人権問題観点から江沢民政策批判する者もいる。江沢民指導部反政府活動を行う法輪功弾圧や、中国国内で「臓器狩り」と呼ばれる臓器売買に対してアルゼンチンオランダスペインなどで江沢民らを「人道に対する罪」で起訴する動きがあった。 2009年12月17日アルゼンチン裁判所江沢民と最高指導部の元高官・羅幹を、集団虐殺罪と拷問の罪で逮捕状出した2013年11月19日スペイン全国管区裁判所80年代から90年代にかけて行われたとされるチベット人への「集団殺害容疑江沢民李鵬ら5人に逮捕状出したことを発表中国政府はこれに強く反発したその後スペイン国内法改正しそれに伴い訴追却下された。 法輪功学習者監禁者数は数百万数千万人、迫害による死者法輪功発表によると確認されているだけで死亡者は4363人に上る

※この「指名手配」の解説は、「江沢民」の解説の一部です。
「指名手配」を含む「江沢民」の記事については、「江沢民」の概要を参照ください。


指名手配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 22:46 UTC 版)

サルヴァトーレ・リイナ」の記事における「指名手配」の解説

リイナは1960年代初めに指名手配されるが、その後20年以上も逃亡生活をしていた。その間写真撮られたことがなく、警察の捜査はうまく進まずFBI入り1993年逮捕された。また逃亡中自由に街を歩いたりしていたという。 1974年春、パレルモ郊外サン・ロレンツォ小さな教会でアントニエッタ・バガレッラと結婚式をあげる。この頃リイナは指名手配中で10億リラ賞金かかっていたという。アントニエッタはリッジョの部下のレオルーカ・バガレッラの妹である。リイナのようにマフィアは同じファミリーのメンバー血縁関係者と結婚することはよくあるという。 多くのマフィア関係者の証言からすると1974年にリッジョが逮捕されてからリイナがマフィア組織頂点立っていたという。頭脳明晰なリイナはリッジョの組織受け継いだといわれているが、一部資料によると獄中のリッジョがリイナを手足のように使っていたともいわれている。逆に、リッジョ逮捕後はプロベンツァーノとリイナの2人コルレオーネ一家の2大ボスになり、リッジョを組織から完全にはずしたと言う資料もある。 プロベンツァーノよりリイナの方頭が賢く地位多少上だったようで重要な決定はリイナがしていたという。当初はリイナとプロヴェンツァーノの2人ボス交代でファミリー運営していく約束だったが、リイナがプロヴェンツァーノには1度譲ら独裁的に仕切るようになった

※この「指名手配」の解説は、「サルヴァトーレ・リイナ」の解説の一部です。
「指名手配」を含む「サルヴァトーレ・リイナ」の記事については、「サルヴァトーレ・リイナ」の概要を参照ください。


指名手配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 13:57 UTC 版)

古谷惣吉連続殺人事件」の記事における「指名手配」の解説

モンタージュ写真同月7日にほぼ完成し、翌8日には報道機関にも配布されたが、1941年窃盗事件や、1951年連続強盗殺人事件の際、刑事として古谷取り調べていた福岡県警捜査二課鹿子生寛治は、その写真見て、「モンタージュ写真も、犯行手口古谷似ている」と証言した。さらに同月11日には筑紫野警察署に対し、かつて福岡刑務所古谷同房服役していた元受刑者が、「今回モンタージュ写真は、1954年ごろに自分と一緒に服役していた古谷似ている」と届け出た。その情報得た警察が、被害者Yら目撃者3人古谷顔写真見せたところ、「間違いない」という証言得られた。古谷はかつてY事件現場付近福岡市箱崎)に住んでおり、1951年連続強盗殺人事件の手も本事件と同様マフラーによる絞殺)だったことから古谷への嫌疑濃くなった。 一方京都市伏見区内でも新たに同様の強盗殺人2件が発覚したため、両事件広域105事件関連して捜査された。福岡県警モンタージュ写真から割り出され古谷指紋と、大津事件現場から採取されていた指紋照合したところ、2つ指紋合致した。さらに、伏見区内で発生したE事件現場遺留品から採取され指紋古谷合致したため、警察庁は「古谷105事件の犯人である可能性が高い」と断定した。 Y事件強盗未遂容疑と、大津事件被害者:B)の強盗殺人容疑については確実な証拠得られたため、福岡県警捜査本部は両事件について古谷逮捕状請求し12月12日朝に古谷全国に指名手配した。その上で警察庁各都道府県警察本部に対し古谷顔写真指紋前科前歴資料など送り事件続発阻止するため、潜伏可能な場所の徹底捜索指令したが、古谷同日中に逮捕された。

※この「指名手配」の解説は、「古谷惣吉連続殺人事件」の解説の一部です。
「指名手配」を含む「古谷惣吉連続殺人事件」の記事については、「古谷惣吉連続殺人事件」の概要を参照ください。


指名手配

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 08:33 UTC 版)

ラトコ・ムラディッチ」の記事における「指名手配」の解説

1995年7月24日ムラディッチハーグICTYより、ジェノサイド人道に反する罪戦争犯罪サラエヴォでの無差別射撃を含む)の容疑起訴された。同年11月16日ムラディッチに対する容疑増え1995年7月国連安全地帯としたスレブレニツァへの攻撃含まれるうになるまた、国際連合平和維持活動携わっていた職員等を捕虜にとった容疑掛けられている。 ムラディッチセルビアスルプスカ共和国潜伏していると考えられた。2000年3月にはベオグラード行われた中国ユーゴスラビアサッカーの試合観戦した報道された。ムラディッチVIP入り口から入り、8人のボディガード守られながら特別席観戦したと言われている。ロシア連邦首都モスクワ郊外目撃されたとか、ギリシャテッサロニキアテネ定期的に訪れているといった情報もあった。また、サラエヴォからそれほど遠くないスルプスカ共和国ハン・ピイェサクHan Pijesak)に潜伏しているという情報もあった。2006年2月始めセルビア軍諜報部一部セルビア新聞Politika』に、2002年6月1日セルビアの議会ICTY協力するという法案通過させた時まで、ムラディッチスルプスカ共和国軍ユーゴスラビア人民軍施設に匿われていたとの情報漏らした当時のユーゴスビア軍の参謀長Chief Generalであった ネボイシャ・パヴコヴィッチ(Nebojša Pavković)がムラディッチ側に施設明け渡すように求めたとも言われている2004年11月イギリス防衛関係者たちは、カラジッチ他の容疑者の逮捕には、軍事行動よりも、バルカン半島諸国政府に対して政治的な圧力を加えることがより効果的ではないか語った2005年6月に『タイムズ』紙は、ムラディッチICTY自首するとすれば自分の家族とボディガード達のために500万ドルの"保証金" を求めていると報じたセルビア政府自国ではいまだに人気のあるムラディッチ足取り注意深く追跡した政府としては右派有権者支持失いたくは無いが、将来欧州連合EU参加のためにハーグ要求にも従う必要があるとの見方もしている。 2006年2月21日ムラディッチベオグラード逮捕されトゥズラ経由旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷のあるデン・ハーグオランダ)に移送される見られていたが、セルビア政府はこれを否定した。しかし、セルビア政府は、降伏に関してムラディッチと交渉しているのではないかという噂は否定しなかった。 2006年2月22日ICTYカルラ・デル・ポンテムラディッチ逮捕されたという噂を全く根拠の無いものとして否定したカルラ・デル・ポンテセルビア政府に対してムラディッチ逮捕これ以上遅らせないことを求めムラディッチ1998年以来セルビアにおり、セルビア当局の手届く範囲にいると語ったまた、逮捕されないならば、セルビアEU参加大きな障害となるであろうとも語った2006年2月22日ルーマニア政府セルビアメディアは、ムラディッチが、ルーマニアイギリス構成され作戦によってルーマニアドロベタ=トゥルヌ・セヴェリン逮捕されたと報じた。この作戦成功しなかったが、しかしセルビア・モンテネグロEU参加のための努力を表すものとなった2006年5月1日カルラ・デル・ポンテにより提示され逮捕期限が過ぎ、セルビアEU間の加盟交渉中断された。ムラディッチベオグラードにおり、住居定期的に変えているといった報道もされたが、真偽の程明らかではなかった。 その後ムラディッチロシアにいるという報道なされた2006年6月には3度目卒中発作起こし回復見込み少ないとも報道された。同時期セルビア人民主党報道官であるアンドリヤ・ムラデノヴィッチ(Andrija Mladenović)は、逮捕される前にムラディッチ死亡した場合EU加盟交渉中断責任はどこにあるのかとの疑問呈したいくつかの情報筋は、加齢健康状態の悪化により、ムラディッチ外見以前と比べて変わってきているとも伝えられた。 2011年5月26日に、セルビアボリス・タディッチ大統領によりムラディッチ同国内で逮捕され身柄旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷引渡す方針であることが発表された。なお、セルビア首都ベオグラード彼の逮捕をめぐる抗議デモ起きている2011年5月31日旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷のあるデン・ハーグ移送された。

※この「指名手配」の解説は、「ラトコ・ムラディッチ」の解説の一部です。
「指名手配」を含む「ラトコ・ムラディッチ」の記事については、「ラトコ・ムラディッチ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「指名手配」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「指名手配」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

指名手配のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



指名手配のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの指名手配 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの江沢民 (改訂履歴)、サルヴァトーレ・リイナ (改訂履歴)、古谷惣吉連続殺人事件 (改訂履歴)、ラトコ・ムラディッチ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS