進化論とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 進化論の意味・解説 

しん かろん-くわ- [3] 【進化論】

生物造物主によって現在の形のまま創造されたとする種の不変に対して原初の単純な形態から次第現在の形に変化たとする自然観一九世紀後半ダーウィンらによって体系づけられ諸科学甚大な影響与えた。


進化論

作者加藤秀

収載図書いつかどこかのおかしな話
出版社文芸社
刊行年月2003.2


進化論

作者ジョーク山越

収載図書冗談
出版社ブイツーソリューション
刊行年月2005.5


進化論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/18 22:31 UTC 版)

進化論(しんかろん、: theory of evolution)とは、生物進化したものだとする提唱、あるいは進化に関する様々な研究や議論のことである[1]


  1. ^ 『岩波生物学辞典第4版』
  2. ^ リドレー, マーク 「だれが進化を疑うのか」『生物の進化 最近の話題』 チャーファス, ジェレミー編、松永俊男、野田春彦、岸由二訳、倍風館〈ライフサイエンス教養叢書9〉、1984年(原著1982年)。ISBN 4563039276
  3. ^ Ridley, Mark (2004). Evolution. Blackwell Publishing. ISBN 1405103450. 
  4. ^ Barton,Nikolas H., Briggs,Derek E.G., Eisen,Jonathan A., Goldstein,David B. & Patel,Nipam H. 『進化 分子・個体・生態系』 宮田隆、星山大介訳、メディカル・サイエンス・インターナショナル、2009年(原著2007年)。ISBN 9784895926218
  5. ^ ドーキンス, リチャード進化の存在証明』 垂水雄二訳、早川書房、2009年(原著2009年)。ISBN 9784152090904
  6. ^ 2003年11月号『科学』1月号巻頭言 石川統(放送大学(生物学)・東京大学名誉教授)
  7. ^ シリーズ進化学・編者の言葉 岩波書店
  8. ^ 養老孟司、茂木健一郎 「原理主義を超えて」『スルメを見てイカがわかるか!』 角川書店、2003年、p.100-124。
  9. ^ 『フマニ・ジェネリス』聖ピオ十世会による訳、副題やセクション名の部分は原文にはない)
  10. ^ バチカン公式サイト内の英語版テキスト
  11. ^ フランシスコ会訳聖書「創世記」(1958年12月発行)に付された創世記解説には「しかしながら、科学者の考え出す「歴史」は、往々にして誤っていることがある。特に人間の進化については、後に誤りであることが判明した。」とある
  12. ^ 「神は生物を進化するよう造った」 現ローマ法王も肯定朝日新聞2014年10月30日12時32分
  13. ^ イスラームは、進化論についてどう考えているのでしょうか?
  14. ^ “トルコの学校、消える「進化論」 反イスラムだから?世俗派は反発”. 『朝日新聞』朝刊. (2017年7月24日). http://www.asahi.com/articles/DA3S13052560.html 
  15. ^ 第四部 人間の起源と能力と状態について
  16. ^ 【党文化の解体】第2章(16)「進化論の注入は、無神論と闘争哲学の普及のため」
  17. ^ 高橋巖訳『アカシャ年代記より』国書刊行会、1994年
  18. ^ 大田俊寛 『現代オカルトの根源 - 霊性進化論の光と闇』 筑摩書房〈ちくま新書〉、2013年ISBN 978-4-480-06725-8


「進化論」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「進化論」の関連用語

進化論のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



進化論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの進化論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS