メンデルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > キリスト教 > 修道士 > メンデルの意味・解説 

メンデル

同義/類義語:グレゴール・メンデル
英訳・(英)同義/類義語:Mendel, Gregor Johann

オーストリア修道士19世紀半ばマメ遺伝形質について定量的実験観察行い、メンデルの遺伝法則導き出した。この成果は、20世紀に入ってすぐに再発見されている。

Dr. Mendel

以下の映画Dr. Mendel関連しています。
 


メンデル

名前 MendelMendell

グレゴール・ヨハン・メンデル

(メンデル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/01 22:41 UTC 版)

グレゴール・ヨハン・メンデル: Gregor Johann Mendel1822年7月20日[1] - 1884年1月6日)は、オーストリア帝国ブリュン(現在のチェコブルノ)の司祭植物学研究を行い、メンデルの法則と呼ばれる遺伝に関する法則を発見したことで有名。遺伝学の祖。




  1. ^ しばしば7月22日誕生日とされるが、22日は洗礼を受けた日であり、誕生日は7月20日である。 Biography of Mendel at the Mendel Museum
  2. ^ エンドウ豆は、花の色が白か赤か、種の表面に皺があるかない(滑らか)か、さらに、花弁の中に雄しべ・雌しべが存在し花弁のうちで自家受粉するので、他の植物の花粉の影響を受けず純系を保つことができるなどの観察のしやすさを備えていることから使用した(フランソワ・トレモリエール、カトリーヌ・リシ編著、樺山紘一日本語版監修『ラルース 図説 世界史人物百科』Ⅲ フランス革命ー世界大戦前夜 原書房 2005年 279ページ)
  3. ^ 後世の研究により7つの形質の対応する遺伝子のうちいくつかは連鎖していることが示されているので,原文のような憶測はもはや成り立たない.独立の法則の導出に使われた形質の組み合わせは,運良く独立の相同染色体に載っていたか,もしくは連鎖していたにもかかわらず距離が離れていたためかなりの確率で交差を起こし,あたかも独立であるかのように見えたかのどちらかであると考えられる;参考文献,Mendelian controversies: a botanical and historical review. Fairbanks and Rytting, American Journal of Botany,2001;88:737-752
  4. ^ 『天才たちの科学史』杉晴夫平凡社新書(2011年)


「グレゴール・ヨハン・メンデル」の続きの解説一覧





メンデルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「メンデル」の関連用語

メンデルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブリキ露斗

カローラ ルミオン

トゥリディラ属の仲間2

RSS

モハ1形

アウトランダー

底打ち当金

タンゴ・エクスプローラー





メンデルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのグレゴール・ヨハン・メンデル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS