岡沢精とは?

岡沢精 おかざわ くわし

岡沢精の肖像 その1
弘化元年7月7日明治41年12月12日 (1844~1908)

東京生まれ。陸軍軍人。萩藩の子尊王攘夷運動に加わり、戊辰戦争従軍明治4年(1871)陸軍編入中尉となる。西南戦争には別働第1旅団参謀長として出征近衛参謀長陸軍次官軍務局長経て日清戦争時には大本営軍事内局長として天皇側近となる。29年(1896)初代侍従武官長となり、天皇信任を得、41年(1908)に病死するまでその地位にあった。37年(1904)大将40年(1907)子爵

キーワード 陸軍軍人

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

岡沢精

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/07 16:11 UTC 版)

岡沢 精(おかざわ くわし、弘化元年7月7日1844年8月20日) - 1908年(明治41年)12月12日)は、日本の陸軍軍人華族陸軍大将正二位勲一等功二級子爵


  1. ^ 『官報』第2584号「叙任及辞令」1892年2月15日。
  2. ^ 『官報』第4242号「叙任及辞令」1897年8月21日。
  3. ^ 『官報』第5767号「叙任及辞令」1902年9月22日。
  4. ^ 『官報』第7288号「叙任及辞令」1907年10月12日。
  5. ^ 『官報』第7642号「叙任及辞令」1908年12月15日。
  6. ^ 『官報』第1173号「叙任及辞令」1887年5月30日。
  7. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  8. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  9. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  10. ^ 『官報』第5948号「叙任及辞令」1903年5月4日。
  11. ^ 『官報』第5827号「叙任及辞令」1902年12月4日。
  12. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  13. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  14. ^ 『官報』第7641号「叙任及辞令」1908年12月14日。
  15. ^ 『官報』第4810号「敍任及辞令」1899年7月14日
  16. ^ 『官報』第6594号「叙任及辞令」1905年6月24日。


「岡沢精」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「岡沢精」の関連用語

岡沢精のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岡沢精のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2019 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡沢精 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS