実地とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 実地 > 実地の意味・解説 

じっ‐ち【実地】

読み方:じっち

物事が行われたり、行う予定になっていたりする場所。現場。「―調査

理論説明だけでなく、実際にそのことを行うこと。また、そういう場面。「考えを―に移す」「―訓練


実地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 04:54 UTC 版)

バーチャル・ボランティア」の記事における「実地」の解説

ある調査では、70以上のオンライン・ボランティアが週に1時間から5時間のボランティア選択し半数近く12週間下のボランティア選択している。組織によっては、10分から1時間程度のオンライン・ボランティアの機会を提供しているところもある。オンライン・ボランティアのユニークな特徴は、遠く離れた所からでもできることである。移動制限ある人や、その他の特別なニーズある人々は、従来対面式ボランティアでは不可能な方法参加することができる。同様にオンライン・ボランティアは、特に障害関連のレッテル貼られたり、固定観念持たれたりするような社会的抑制社会的不安 (英語版) を克服することができる場合があるこれにより他の方法ではボランティア活動をしないかもしれない人々力を与えることができる。スキルを向上させ、ネットワーク社会的なつながり広げながら、自信自尊心を築くことができる。また、オンライン・ボランティア活動は、参加者自分のスキル情熱に合わせてボランティア活動プログラム適応させるともできるバーチャル・ボランティア参加する人たちは、コンピュータその他のインターネット接続され機器使って組織支援する人たちから離れた場所から、さまざまな活動を行う。 研究問題 (例:Wikiaプロジェクト) ソフトウェア制作 (多くの場合ボランティアによって作成されるオープンソースソフトウェアを参照) 修正ソフトウェア (コミュニティパッチ (英語版) など) Webページ作成 企画書プレスリリースニュースレター記事など編集または作成 文書の翻訳 カリキュラム教材開発 データベース設計 グラフィック設計 ドキュメントスキャン 法律ビジネス医療農業その他の専門知識提供する カウンセリング相談者 学生オンライン教育 (英語版) またはe-メントーリング (英語版) オンラインディスカッショングループの管理(モデレーター) 曲を書く ポッドキャスト作成 ビデオ編集 ニュース監視 インターネット司牧 質問に答える 写真ファイルタグ付け他のオンライン・ボランティアの管理 発展途上国では、ボランティア活動テクノロジー革新的な相乗効果は、一般的にインターネットではなくモバイル通信テクノロジー焦点当てている。2009年には、世界の約26%の人々インターネットアクセスできるようになった。しかし、先進国インターネット普及率64を超えるに対し低所得国インターネット普及率はわずか18%にとどまっている。固定ブロードバンド・インターネットコスト低下しているが、多くの人インターネットアクセスするにはまだ手の届かない状況にある。それにもかかわらず、オンライン・ボランティアは急速に発展している。オンライン・ボランティアとは、「社会利益のために、自由にかつ金銭的な考慮なしに、インターネット上で自分の時間スキル捧げる人々」のことである。オンライン・ボランティアにより、ボランティア活動特定の時間や場所に縛りつける必要がなくなったそのため、ボランティア活動自由度柔軟性大幅に向上し現場で奉仕するボランティア活動影響力補完している。ほとんどのオンライン・ボランティアは、資金調達技術サポートコミュニケーションマーケティングコンサルティングなどの運営および管理活動従事している。また、調査研究執筆Eメールでのディスカッション・グループの主宰などの活動増えている。 オンライン・マイクロボランティア(micro-volunteering (英語版) )は、ボランティアPDAスマートフォンを介して課題に取り組むという、バーチャル・ボランティアクラウドソーシング一例である。これらのボランティアは、そのようなタスクのための非営利団体による審査訓練を受ける必要がなく、マイクロタスクが完了したときに他の約束をする必要はない。または、すでに非営利団体による審査訓練を受けており、したがっ人々可用性関心が許す限り、マイクロタスクを引き受けることが承認されている。オンライン・マイクロボランティアは当初、バーチャル・ボランティア・プロジェクトによって「バイトサイズのボランティア」(byte-sized volunteering)と呼ばれて30年以上の歴史を持つオンライン・ボランティアの実践の一部として継続して行われてきた。マイクロボランティアとクラウドソーシング両方初期の例として ClickWorkers (英語版) がある。2001年始まったNASA小さなプロジェクトで、オンラインでのボランティア活動科学関連作業従事させた。このプロジェクトでは、人の知覚常識だけが必要であったが、火星のクレーターオンライン上の写真から特定するなど、科学的な訓練必要なかった。ボランティア参加する前に訓練審査受けていなかった。「マイクロボランティア」という言葉は、通常、「エクストラオーディナリー」(The Extraordinaries)と呼ばれるサンフランシスコ拠点とする非営利団体帰属する

※この「実地」の解説は、「バーチャル・ボランティア」の解説の一部です。
「実地」を含む「バーチャル・ボランティア」の記事については、「バーチャル・ボランティア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実地」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「実地」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



実地と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実地」の関連用語

実地のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実地のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバーチャル・ボランティア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS