固定観念とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 観念 > 固定観念の意味・解説 

こてい‐かんねん〔‐クワンネン〕【固定観念】

読み方:こていかんねん

いつも頭から離れないで、その人思考拘束するような考え固着観念

「固定観念」に似た言葉

固定観念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 01:59 UTC 版)

固定観念(こていかんねん)は、固着観念(こちゃくかんねん)ともいい、他者の意見や状況の変化に応じず、そして行動につながっているような観念のこと[1]


  1. ^ a b c 三好保「固定観念の意味するもの」『民族衛生』第60巻第6号、1994年、 295-296頁、 doi:10.3861/jshhe.60.295
  2. ^ a b c d e f 長谷部礼、西本一志「思考者の盲点を発見し活用する発散的思考技法」『研究報告グループウェアとネットワークサービス』第2015巻第8号、2015年3月5日、 1-7頁。
  3. ^ 吉永敦征、畔津忠博、金恵媛「ICTを活用した多主体間の長寿文化共有のためのシステム構築」『山口県立大学学術情報』第9巻、2016年3月31日、 57-60頁。
  4. ^ 既成概念・固定観念にとらわれない新しい材料加工の世界を求めて」『精密工学会誌』第81巻第11号、2015年、 1013-1014頁、 doi:10.2493/jjspe.81.1013
  5. ^ 雑村史高「固定観念から外れる一歩」『ネットワークポリマー』第25巻第1号、合成樹脂工業協会、2004年、 56-56頁、 doi:10.11364/networkpolymer1996.25.56ISSN 2186-537XNAID 130003389731
  6. ^ 中村好則「学習指導要領とその解説及び教科書から見る中学校数学指導におけるICT 活用の方向性」『岩手大学教育学部附属教育実践総合センター研究紀要』第15号、岩手大学教育学部附属教育実践総合センター、2016年3月、 69-78頁、 doi:10.15113/00014110ISSN 1347-2216NAID 120005956012
  7. ^ 上松一「自由の発露としての英語学習」『21世紀教育フォーラム』第1号、弘前大学21世紀教育センター、2006年3月、 17-33頁、 NAID 110004652960
  8. ^ a b 佐々木英和「「教える-学ぶ」関係についての理論的考察 : 「教える-教わる」関係から「生きる-学ぶ」関係ヘ」『宇都宮大学教育学部教育実践総合センター紀要』第28号、宇都宮大学、2005年4月、 341-350頁、 ISSN 13452495NAID 110004633135


「固定観念」の続きの解説一覧

「固定観念」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固定観念と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

固定観念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



固定観念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの固定観念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS